カ デュエット 配合 錠 3 番。 アマルエット配合錠3番「サワイ」(カデュエット配合錠3番のジェネリック医薬品)|沢井製薬

医療用医薬品 : カデュエット

カ デュエット 配合 錠 3 番

さらに、継続試験として実施した長期投与試験でアムロジピンとして10mgを1日1回通算して52週間投与した際、収縮期血圧のベースラインからの変化量の平均値は、15. 73 11. (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[アムロジピンの動物実験において、妊娠末期に投与すると妊娠期間延長及び分娩時間延長することが認められている。 副作用 本剤の副作用があらわれやすくなるおそれがあるため、グレカプレビル・ピブレンタスビル(マヴィレット)とは併用できません。 。 グレープフルーツジュース アムロジピンの降圧作用が増強されるおそれがある。 8倍)臨床試験成績がある。

次の

カデュエット配合錠3番の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

カ デュエット 配合 錠 3 番

血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。 [アムロジピンの動物実験において、妊娠末期に投与すると妊娠期間及び分娩時間が延長することが認められている。 緊急な治療を要する不安定狭心症 薬剤名 影響 フィブラート系薬剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 ベザフィブラート 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 ニコチン酸製剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 ニセリトロール 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 免疫抑制剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 シクロスポリン 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 アゾール系抗真菌剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 イトラコナゾール 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 エリスロマイシン 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症 フィブラート系薬剤 自覚症状<筋肉痛・脱力感> フィブラート系薬剤 CK<CPK>上昇 ベザフィブラート CK<CPK>上昇 ニコチン酸製剤 CK<CPK>上昇 ニセリトロール CK<CPK>上昇 免疫抑制剤 CK<CPK>上昇 シクロスポリン CK<CPK>上昇 アゾール系抗真菌剤 CK<CPK>上昇 イトラコナゾール CK<CPK>上昇 エリスロマイシン CK<CPK>上昇 フィブラート系薬剤 血中及び尿中ミオグロビン上昇 ベザフィブラート 血中及び尿中ミオグロビン上昇 ニコチン酸製剤 血中及び尿中ミオグロビン上昇 ニセリトロール 血中及び尿中ミオグロビン上昇 免疫抑制剤 血中及び尿中ミオグロビン上昇 シクロスポリン 血中及び尿中ミオグロビン上昇 アゾール系抗真菌剤 血中及び尿中ミオグロビン上昇 イトラコナゾール 血中及び尿中ミオグロビン上昇 エリスロマイシン 血中及び尿中ミオグロビン上昇 フィブラート系薬剤 血清クレアチニン上昇 フィブラート系薬剤 腎機能の悪化 テラプレビル アトルバスタチンのAUCが7. 高用量(10mg)投与群を含む第3相試験及び長期投与試験(承認事項一部変更承認時):アムロジピンとして5mgを投与後に収縮期血圧が140mmHg以上を示す本態性高血圧患者を対象に、5mg投与を継続又は10mgに増量した第3相試験(二重盲検比較試験)において、5mg群では154例中6例(3. ジゴキシン 定常状態において血漿中ジゴキシン濃度が上昇する(アトルバスタチン10mg投与でC max:+9. 18 21. アルコール中毒• 2.アトルバスタチン 1).高コレステロール血症:アトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。 5倍及び14. なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。 また、ミオパチーがあらわれることがあるので、広範な筋肉痛、筋肉圧痛や著明なCK(CPK)の上昇があらわれた場合には投与を中止すること。 横紋筋融解症(頻度不明 注) ) 横紋筋融解症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。 代謝、排泄 健康成人6例にアトルバスタチン10mg及び40mgを単回投与したとき、血漿中にアミド結合位置のベンゼン環の4位の水酸化体(M-1)及び2位の水酸化体(M-2)の2種類が確認されているが、血漿中主活性代謝物はM-2であった。

次の

カデュエット配合錠3番の後発薬・ジェネリック一覧

カ デュエット 配合 錠 3 番

副作用の主なものは、ほてり(熱感、顔面潮紅等)(0. そうすると血液の抵抗が減り、血圧が下がります。 また、第III相試験対象症例のうち、継続して10mg長期投与試験の対象となった134例では、投与開始後52週までに33例(24. 00円/錠 先発 28. また、善玉のHDLコレステロール値が9%上昇しました。 同時服用をしないように注意すること。 1%未満)、黄疸(頻度不明 注) ) 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。 00円/錠 ジェネリック 65. 7倍に上昇するとの報告がある(<機序>これらの薬剤によるCYP3A4の阻害が考えられている)]。 というか、そうならない自信があるメーカーさんだけが申請をしたってことかもしれません。 今回、承認されたカデュエット配合錠は、既に臨床で使用されている高血圧治療薬(持続性カルシウム拮抗薬)の アムロジピンベシル酸塩(商品名:ノルバスク、アムロジンなど)と、高脂血症治療薬( HMG-CoA還元酵素阻害薬、いわゆる スタチン系薬)のアトルバスタチン(商品名:リピトール)とを配合した製剤である。

次の

カデュエット配合錠3番[ファイザー]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

カ デュエット 配合 錠 3 番

(3).[アムロジピン]CYP3A4誘導剤(リファンピシン等)[アムロジピンの血中濃度が低下する恐れがある(アムロジピンの代謝が促進される可能性が考えられる)]。 40 11. また、アトルバスタチンは主に肝臓において作用し代謝されるので、肝障害を悪化させるおそれがある。 薬効・薬理 細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより,冠血管や末梢血管の平滑筋を弛緩させる作用があり、血圧の低下作用や狭心症の発作を起こりにくくする作用があります。 50円/錠 ジェネリック 35. 10円/錠 ジェネリック 44. 狭心症• 2).[アトルバスタチン]オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル<ヴィキラックス>[アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、重篤な又は生命に危険を及ぼすような副作用が発現しやすくなる恐れがある(<機序>リトナビルのCYP3A4阻害作用及びパリタプレビルによる本剤の肝への取り込み阻害に基づく作用によるものと考えられている)]。 18 50. 機序:これらの薬剤によるCYP3A4の阻害が考えられている。 一般名同一薬剤リスト• , Atherosclerosis, 111 1 , 127, 1994. 2 55. 機序:エファビレンツによるCYP3A4の誘導が考えられている。 Burnett,J. 増山 善明ほか, 薬理と治療, 19 7 , 2853, 1991. まれな副作用ですが、とくに腎臓の悪い人、高齢の人、他の高脂血症薬と飲み合わせているときなど要注意です。

次の

医療用医薬品 : カデュエット配合錠1番

カ デュエット 配合 錠 3 番

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• なお、次のアムロジピンとアトルバスタチンの用法・用量に基づき、患者毎に用量を決める。 免疫抑制剤投与中• 注意 【診察で】• 妊娠中の服用は避けてください。 60円/錠 ジェネリック 44. カルシウム拮抗薬のアムロジピンと、スタチン系コレステロール低下薬のアトルバスタチンの配合薬です。 高用量(10mg)において副作用の発現率が高まる可能性があるので、増量時には慎重に投与すること。 なお、上記いずれの試験においても重篤な副作用及び臨床検査値異常変動の発現は認められなかった。 30円/錠 ジェネリック 34. したがって、これらの患者ではアトルバスタチンの血漿中濃度が上昇し、副作用の発現頻度が増加するおそれがある。

次の

カデュエット配合錠:Ca拮抗薬+スタチン薬の配合剤が登場:日経メディカル

カ デュエット 配合 錠 3 番

2%、LDL-コレステロールが3. 機序:テラプレビルによるCYP3A4の阻害が考えられている。 0 6. 7~70. 4%であった。 社内資料:アムロジピンの作用機序. 家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体患者24例にアトルバスタチン10mgを8週間投与し、その後、8週間毎に20mg、40mgへと漸増し検討した。 万一、足のふくらはぎなどに筋肉痛があらわれたら、すぐに受診してください。 943 2. 製造販売後臨床試験において、159例中9例(5. 使用成績調査において、1,245例中18例(1. 2%)、眩暈・ふらつき(1. 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。 また、第3相試験対象症例のうち、継続して10mg長期投与試験の対象となった134例では、投与開始後52週までに33例(24. 投与中止後、血清中濃度は漸減し、投与中止5日目には0. 6 アトルバスタチン 1. 4%)、眩暈・ふらつき(2. 30円/錠 ジェネリック 28. 「相互作用」、アトルバスタチンの項参照] 糖尿病の患者[糖尿病を悪化させることがある。 カデュエット配合錠: 1).1番:アムロジピン2. 45%)に副作用が認められた。

次の

医療用医薬品 : カデュエット配合錠1番

カ デュエット 配合 錠 3 番

50円/錠 ジェネリック 35. 同系のなかでもとくに強力で、コレステロールのほか中性脂肪(トリグリセライド)も低下させます。 2).アトルバスタチン (1).[アトルバスタチン]横紋筋融解症、ミオパシー(いずれも頻度不明):筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れ、急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には直ちに投与を中止する。 実際、日本でも、高血圧症と脂質異常症を合併し、血圧と血中コレステロールを併行してコントロールする必要がある患者は少なくない。 [アムロジピンはヒト母乳中に移行することが報告されている。 舩津 敏之ほか, 薬理と治療, 26 9 , 1443, 1998. 薬剤性筋障害• 【作用-2】 アトルバスタチンは、肝臓でのコレステロールの合成をおさえます。 7円/錠 劇薬 , 処方箋医薬品 Caduet Combination Tablets ファイザー 2190104F1024 113. 通常、成人にはアムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。 薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

次の