グリル 一平 新開地 本店。 グリル一平 新開地本店(地図/写真/神戸/洋食屋)

グリル一平 新開地本店(地図/写真/神戸/洋食屋)

グリル 一平 新開地 本店

「グリル一平」は、新開地商店街内にある、 1952年創業、神戸を代表する老舗の洋食店。 待遇・福利厚生 昇給年1回/能力に応じて昇給 賞与年2回 労災保険 健康保険 厚生年金 交通費規定支給 食事あり 社員特典あり. 店の命でもあるデミグラスソースが、人気の鉄板ハンバーグステーキやタンシチューなどメニューを引き立て、濃密なコクと香り、贅沢な余韻を醸し出します。 私が行った時は土曜の11:30過ぎで既に10人ほどが並んでいましたが、10〜15分ほど待っただけで入れました。 憲吾さんが店主を務める三宮店と同店でもこのソースを使うが、「店の個性を出すために甘さを引き出して若干違う味わいにしている」と明かす。 ハンバーグの上に乗っている目玉焼きが とっても可愛いハート型。 肉汁たっぷりの「ハンバーグステーキ」 1700円・サラダ、ライス付き も人気。

次の

常連客に愛されすぎて困る洋食屋!神戸の「グリル一平」

グリル 一平 新開地 本店

この神戸・新開地にあるのが、洋食屋「グリル一平 新開地本店」です。 「うちではこのオムライスが修業の登竜門。 代表的なメニューを挙げると、表面からライスが透けて見えるほどの極薄卵が特徴的な「オムライス」や、ここでしか味わえないオリジナル料理「スパゲティ・イタリアン」がある。 なに考えてんの!? 『グリルチキン』(ライス付き)1050円税込 小さい頃は洋食屋でこれがあると必ず食べていた記憶がありますね。 名前はスパゲティですが、「玉ネギの甘味を生かしたレッドソースに負けないよう、ソフト麺を使っている」のがポイント。 昭和27年にオープンし、新開地の歴史だけでなく、神戸の洋食の歴史を語る上で欠かせない存在だ。 ここで 残念なのが昔に食べたコースの画像を残していなかった事。

次の

神戸元町『洋食グリル一平』薄焼き卵のオムライスとミンチカツランチ!

グリル 一平 新開地 本店

「当時、僕は厨房に入ってまだ5年。 どんなに勘が良くても、お客さんの前に出せるようになるまでには最低3年はかかりますよ」。 創業時からのレシピをベースにした味わい豊かなドミグラスソースを使った料理の数々。 洋風料理 神戸市兵庫区 グリルイッペイシンカイチホンテングリル一平 新開地本店 半世紀に渡り神戸で愛される洋食界の重鎮 新開地駅よりすぐ、賑やかな商店街の中に佇むお店「グリル一平」。 名物は昔ながらのオムライス。

次の

グリル一平 新開地本店 ハンバーグ(新開地):神戸の金庫屋4代目 バカ息子のblog

グリル 一平 新開地 本店

コンテナ5つを淡路島から運んでくれ、営業を再開させることができたそう。 レビューは出尽くしている感があるので細かい料理の説明自体はあまり要らないと思います。 味わい深い料理、そして、山本さんの人柄のよさがにじみ出た店の雰囲気が、長年神戸で愛され続ける名店の貫禄を感じさせた。 訪問される際は、公式HP等の情報でご確認ください。 All Rights Reserved. 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 創業は1952年。

次の

グリル一平 神戸 新開地商店街 有名洋食屋

グリル 一平 新開地 本店

その後、希望により元町店での勤務も可能です。 こうした働き方ができるのも 料理の質にこだわるため。 時系列及び文面のつなぎ目が 多々、おかしいかもですがご了承ください。 神戸はビフカツが凄いの。 今回は、中をセレクト。 羨ましい。

次の

えびす大黒 新開地北店

グリル 一平 新開地 本店

お家で老舗洋食店の味が楽しめます。 テーブル席のほかカウンター席もあるので一人でも。 ソース、マヨネーズも付いています。 って腹立ちました(笑)」 とにもかくにも、店ができてしまったので、震災からわずか5か月後の6月に営業再開。 中が透けそうなほど薄い玉子は、1人前でなんと半個分! 薄く均一に、パンっと張るほど破れにくいといい、焼きムラが一つもない美しい極薄焼きの玉子は、「これがきれいに巻けて一人前」と山本さん。 量的な違いは勿論あるでしょうが感じだけでも掴めるはず。 これまで6名のシェフが独立し 私たちの味を広めています。

次の