ラテラル シンキング。 ラテラルシンキングとは何か?ロジカルシンキングとの関係は?おすすめの本も紹介します

モノは言い様・使い様? あっと驚く一手を打ち出すラテラル・シンキングって何だ?

ラテラル シンキング

気分転換には、軽い運動が一番です。 当時は液晶の利用先は主に電卓くらいだったのですが、それも普及しきっており、液晶を生産していたシャープ社内では液晶の新たな転用先を探していました。 その為、思考の各ステップが繋がっているのが前提です。 どちらも同じシリーズで何冊か出ています。 2.アイスの容器 「鉄がダメなら紙にすればいいじゃない。

次の

水平思考(ラテラルシンキング)の鍛え方

ラテラル シンキング

前例がない課題ということで、新しいアイデアや革新的なアイデアが生まれる可能性もあります。 あなたは「イノベーションとは、すでにあるものの組み合わせから生まれる」という話を、どこかで聞いたことがないだろうか? これはイノベーションの父と呼ばれるヨーゼフ・シュンペーターによるイノベーションの定義だ。 そんな悩めるビジネスパーソンのあなたの助けとなる思考法があります。 マーケティングの大家であるコトラーも、従来のロジカル・シンキングに加えて、ラテラル・シンキングを組み込むべきだと主張しています。 一方で【知恵】は、あなたが生み出したものであり希少価値が高いです。

次の

3分でわかる ラテラル・シンキングの基本

ラテラル シンキング

これらはすべて、ラテラルシンキングを鍛える際には必須となる能力だ。 目的設定• ひとつ仮説を加えることで、かなりロジカルにすっきりと正解が導き出せる。 ラテラルシンキングの4つの段取り・手順 ラテラルシンキングは、 なにも一流企業や天才の専売特許ではなく、慣れれば「無意識に幾通りもの可能性を導き出します」と、木村さんは述べています。 本を読む時間がないという方はこちらの方法がおすすめです。 一本道なので左右に逃げるスペースもない。 これに対し、 ラテラルシンキングは水平思考と呼ばれ、順番や過程は問題になりません。 問題設定• イメージとしては、何かを探しているときにそれとは別の価値を偶然見つけるようなことです。

次の

ラテラルシンキングとは?発想力が鍛えられる練習問題5つ付き

ラテラル シンキング

「ラテラルシンキング」の考え方が養われるゲームとして「ウミガメのスープ」といった推理ゲームがあります。 純粋におもしろく、不況を乗り切るヒントにもなりそうだ。 3人の人間がバス停に放り出されている• ケガを防ぐために降りる専用の滑り台を脇につけてはどうか」などのように、新たな発想への根源となります。 もし、あなたが「論理と発想を横断する頭の使い方ができるようになりたい」と考えるなら、ぜひ本書をチェックしてみてほしい。 これからは今まで以上に個性が求められる時代に突入します。 一方で任天堂は「Wii」に代表されるように「家族でゲームをしよう」という発想でコントローラのインターフェイスの数を増やしたり、家族で遊べる用のソフトをたくさん発売したりするなど、老若男女問わずたくさんのユーザーに受け入れられるようにしたわけです。 新しいものと言ってもゼロからつくるのではなく、異質なものを組み合わせたり、 既存の価値観を逆転させることで、これまでなかったことが生み出せます。

次の

「ラテラルシンキング」とは?正しい意味と活用方法を解説!

ラテラル シンキング

今では、コンピュータと言えば、Windowsなどのパソコンをイメージする人が圧倒的でしょう。 ボトルの中にコインを入れて、コルクでボトルの口にふたをします。 その中で、最も刺激の強いと感じる発想を選択する発想法なのです。 本書は、物事を「一つ上の視点」から客観的に考えるメタ思考の重要性と実践法を解説した良書だ。 6つの帽子には色があり、被った帽子の色に合わせた考え方で物を見ましょうという方法です。 時計を見ると本日の最終バスは既に出発しており、次にバスが来るのは明日の朝です。

次の

ラテラルシンキングとは?ロジカルとの違いや鍛え方、おすすめ本もご紹介

ラテラル シンキング

競争から外れたホテルをもう一例、紹介しましょう。 様々な発想や案を広げながら、「 あらかじめ排水口にふたをしてから作業してみよう」「 排水口のないところに移動して作業をしよう」などの対策を考えていきます。 白が出たら借金は帳消しだが、黒が出たら借金は10倍だ」一か八かであなたはこの勝負にかけることにしました。 主な理由としてあげられるのが 近年企業間同士で繰り広げられる熾烈な競争です。 思考の癖から抜け出すための3つの視点 人は既成概念や常識、固定観念など、社会的、個人的な枠の中で思考する癖を持っています。 「〜であるべき」という考えから離れて自由に、なんなら遊ぶくらいの発想で様々な可能性を探ればいいのです。

次の