日刊 ゲンダイ 記事。 日刊ゲンダイ

麻雀は打ち手によって格調が生まれる【阿佐田哲也 ギャンブルの哲学】(日刊ゲンダイDIGITAL)

日刊 ゲンダイ 記事

『この人物のオモテとウラ』• (日刊ゲンダイDIGITAL)27日 土 9時26分. 高橋はるみ前知事が今や国会の席で老後を送っているように、鈴木氏も菅さんの威光が残っているうちに国政転身はすぐです。 検察の独善や暴走を防ぐため、政権の意向が反映されるのは当然だ>などと、黒川氏の定年延長が次期検事総長への起用含みであることを是認するかのような内容だった。 また、内ではの売店で、1日遅れで朝から販売されている。 それがあって初めて、「たかが電話取材、されど電話取材」と言えるのだと思います。 えなりさんの所属事務所、ジェーディーエスによると、裁判所側から「先方が謝っているので、和解をしてはどうか」と和解勧告があり、これをえなりさん側が受け入れ、訴訟を取り下げたのだという。

次の

日刊ゲンダイと朝日、規模は別に売国度どっちが上か?

日刊 ゲンダイ 記事

代理人の弘中惇一郎弁護士によると、謝罪広告は和解条項の一部だといい、慰謝料の支払いも条件に含まれるが、 「額は申し上げられない」 としている。 百田氏が、自らが応援していた田母神俊雄氏以外の候補者について「人間のくず」と罵倒したことについて、大串議員が 「任命した総理として、何らかの責任を感じないのか」 と質した。 総理総裁の時はなどの基本政策を称賛することもあったが、結局は批判する側に回っている。 YOMIURI ONLINE. 創刊当時価格40円。 (日刊ゲンダイDIGITAL)27日 土 14時40分• 連載 連載企画• (日刊ゲンダイDIGITAL)27日 土 12時0分• , pp. マスコミ大手では他に、夕刊フジの母体で同じく保守寄りの論調を取るはもちろんのこと、紙面の印刷を長年請け負ってきた日刊スポーツグループの大親会社であるや、大阪本社が自社所有の建物に入居している読売新聞グループに対しても容赦ない批判を浴びせる。

次の

安倍首相「『人間のくず』と報道されても気にしない」 日刊ゲンダイが応戦「一度も『くず』とは報じていない」「熟読を」: J

日刊 ゲンダイ 記事

(日刊ゲンダイDIGITAL)27日 土 9時26分• :、、、、• 首都圏で販売されている夕刊紙は、東京スポーツ・夕刊フジ・日刊ゲンダイの3紙。 日刊ゲンダイ「麻生副総理と同様、熱心な本紙読者として知られる安倍首相」 この点は日刊ゲンダイも認識しているようで、翌2月13日発行の紙面では「愛読者の安倍首相 本紙を批判」と題した記事を掲載して「応戦」。 (峯田淳/日刊ゲンダイ). そのことを日刊ゲンダイが改めて見せつけてくれました。 こうした構図の下で裁判所は判断するので、特捜部が扱った事件で無罪判決が下されることがないのです。 「ゲンダイネット」はゲンダイ紙面を元に作成・編集された情報をパソコンやモバイル端末を使って利用するサービスであり、総合商社の子会社が日刊現代社と業務提携し、企画・制作・運用・保守・営業業務を行っている。 ライターなどが現場取材をせず資料やネットや電話取材だけで書く記事を「こたつ記事」と言います。

次の

日刊ゲンダイDIGITALのニュース|ニフティニュース

日刊 ゲンダイ 記事

家から出ないばかりか、こたつから出ることすらなく書きあげてしまう記事という意味です。 これによりゲンダイは窮地を救われたばかりでなく、むしろ飛躍に向けてのスタートを切った。 それはリテラやIWJだって同じでしょう。 しかし、少なくとも死者の出た話や、歴史的な新事実について書く場合は念入りな取材をしたものだ」と告白している。 有るのはただ、法律のみですよ。 確かに法による秩序や統治が保たれてる。

次の

日刊ゲンダイと朝日、規模は別に売国度どっちが上か?

日刊 ゲンダイ 記事

朝日新聞の本社の中ではありませんが、朝日新聞が入っている建物の中にあります。 日刊ゲンダイのこの記事を受けて、とが同じような内容を報じました。 断っておくが、「發」雀頭のリーチが、いつもいけないわけではない。 環境は心のありようによって変わり、心は環境によって移り変わる。 「ああ見えて、えなりクンはなかなかのオンナ好きなんです」 「自慢は自分のイチモツの大きさ」 さらに、 「ちなみに、えなりクンには彼を支援してくれる有力な支援者がいて、銀座や六本木、神楽坂や向島などで『大人のたしなみ』を手ほどきしてもらっているそうです」 と続き、えなりさんが風俗店通いをしていることを示唆した。

次の

篠原涼子主演「ハケンの品格」が密すぎるは日テレの開き直り?(日刊ゲンダイDIGITAL)

日刊 ゲンダイ 記事

しかしこれ以降、長年にわたって日刊ゲンダイには幸福の科学の広告が載りませんでした。 「アフターコロナ」。 ニコニコチャンネル. 「検察とマスコミと裁判所のトライアングルです。 なお講談社は戦前にも、(現・)を傘下に収めたことがあったが売却した経緯があり、としては34年ぶりの新聞事業再参入となる。 中でも1月16日発行の紙面では、安倍首相が6月のワールドカップで対戦するコートジボワールのワタラ大統領との共同会見で、安倍首相が 「先ほど大統領に『この対戦する日の6月14日は私の母の誕生日なので、何とか考えていただけないか』と伝えた」 とジョークを飛ばしたことを「八百長まがいを持ち掛けたような下卑た下心の発言」と批判。 [ ]• <かつて上司だった検察OBは、黒川氏が「官邸に近い」と批判を浴びていることに「政治家の相手をやらせすぎた。 感染が判明した人にだけ要請すれば、要請された人は、全員要請に応じ、武力行使は必要ない。

次の

日刊ゲンダイと朝日、規模は別に売国度どっちが上か?

日刊 ゲンダイ 記事

ただ、ここ数日の道新の記事は、ぬるいけれど、鈴木の行動に対して疑問を呈するような部分もあったりする。 でも、少なくとも報道に携わるぼくの目から見て、メディアに対するリスペクトの基準は、自分が好む(あるいは正しいと考える)記事が載るかどうか以前にまず、知識や情報を得ることと報じることへの貪欲さや誠実さを備えているかどうかが重要です。 2006年12月より、「」への記事提供も始まった(その後一旦提供を取りやめる)。 当時の日刊ゲンダイ社員だった人から、こんな話を聞かされたことがあります。 書き手によっても記事ごとにも品質に差はあるでしょう。 フライデー事件でFAX攻撃の被害者になったトラウマもあって、ダブル忖度に苛まれておかしくありません。

次の

日刊ゲンダイ

日刊 ゲンダイ 記事

。 そこで得た情報をもとに学校の一斉休校を打ち出し、さらには官邸が探っていた緊急事態宣言を国に先んじてやってみた、というのが真相です。 もっともそんなことなど評価するに当たらないと、したり顔の世間の声はあるのもわかっているつもりだ。 過去にはの『重吾の放談』やの『男女の交点』を連載していた。 産経は、黒川氏の定年延長が閣議決定されたことを野党が問題視し、国会での追及が激しくなっていた2月26日付の紙面で、解説記事を掲載。

次の