リクナビ 問題。 思ったより「深刻」なリクナビ問題 「スコア社会」への予兆か?(今野晴貴)

リクナビ個人情報漏洩問題(りくなびこじんじょうほうろうえいもんだい)とは

リクナビ 問題

【関連記事】• 23日をめどに、2020年卒の「リクナビ」会員約80万人を対象に、メールで案内する予定という。 「リクナビDMPフォロー」という名称で販売されていた同サービスは、個人情報保護委員会から指摘され、2019年8月上旬にサービスを停止しています。 リクナビの旧スキームがこれに当たりますが、リクナビ以外にも、資生堂がこうしたCookie、IDと突合をやっているという話が2019年3月の読売新聞(2019年3月20日朝刊解説面)に出ていました。 今回リクナビが企業に提供していた情報は、特定の学生の関連サイトの閲覧履歴などを基に作成した分析の結果についてである。 健全な会社であれば、権利意識や正義感の強い者として積極的に採用するかもしれない。

次の

リクナビ個人情報漏洩問題(りくなびこじんじょうほうろうえいもんだい)とは

リクナビ 問題

それがリクナビIDと紐付けられてしまっては、プライバシーが一切なくなり、個人の自由を脅かす事態に発展してしまいます。 しかし、たとえこれらの運用が十分に行われていたとしても、「リクナビDMPフォロー」を導入する各企業側とすれば、内定辞退率データを選考に利用したい動機があることは否めず、各企業が実際に選考に利用していなかったかどうかも不明です。 個人情報保護法上、個人情報取扱事業者は、原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならないものとされています(個人情報保護法23条1項)。 さらに個人データの第三者提供に同意することで、ユーザーにとってどのようなメリットが生じるのか(たとえば当該サービスの無償提供や、より充実したサービスが提供可能となること等)まで触れられていれば望ましいものといえます。 この問題が発覚して以降、一部の大学などでは、就活イベントに同社を呼んだり、学生にリクナビへの登録を紹介したりといったことを今後一切行わない方針を出している。 本件では、職業安定法への抵触の可能性もあるとされていますが、この点についてはいかがでしょうか。

次の

リクナビ「内定辞退予測」問題って?

リクナビ 問題

「シェア1位で膨大なデータを持つ企業だからこそできることだが、意外だった。 利用規約に不利なことが書いてあったとしても、なかなか登録しないというわけにはいかない。 なぜなら、この問題の本質は、ビジネスにおけるマーケティングの問題だからです。 情報提供は違法という認識はないが当該サービスは廃止 一部のメディアでは、辞退率は「個人を特定したものではない」といった解釈による報道もあるが、企業に提供されていた情報は、「特定の学生に対して」辞退率を計算したものだった。 21点、人事とのやりとりは3. 大学を出て大手企業に就職し、一生を終えるというモデルが形骸化しつつある時代の中でも、まだまだリクナビの影響力は大きいのです。 新卒メディア統括部の大家純一統括部長が力を込める。

次の

プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編01 #イベントレポート #完全版 (1/5):実はゆるゆるだった「Pマーク」

リクナビ 問題

今回は学生にとってプラスに働くことは考えられないデータですから、同意の有無に関わらずやってはいけないことではないか、との指摘もあります。 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)の小林大三社長は26日夜、就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータを本人の同意を得ず企業に販売した問題に関して都内で記者会見し、 「学生や企業など多くの方々にご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ない」と謝罪した。 リクナビ2020のプライバシーポリシーの記載内容は上記のとおり明確であったとはいえず、同意ボタンをクリックする方法等をとっていたとしても、ユーザー個人が特定されるかたちで各企業に対して内定辞退率が提供されることについて本人の同意を得たといえるかどうかは疑問の残るところです。 こうした観点から考えたとき、労基法違反とは言えないまでも、、就職に不利とされる「内定辞退率」の情報を志望先企業に提供したリクナビの手法は、個人情報保護の観点から問題があるだけでなく、労働者の権利保護の観点からも社会的に強く非難されるべきだろう。 確かに内定辞退率は、住所や生年月日といった個人属性ではありません。 就活の際には、リクナビに限らず様々なサービスやwebサイトに自分の個人情報を登録する機会があると思います。 しかし、これだけでは不安な人もいることでしょう。

次の

プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編01 #イベントレポート #完全版 (1/5):実はゆるゆるだった「Pマーク」

リクナビ 問題

データを購入した企業はトヨタ自動車やホンダ、NTTグループなどビッグネームばかり34社に上る。 今後は、形式的には「同意」を取りつつも、より巧妙な形で同様のサービスが展開される可能性が高いのではないか。 内定辞退率の算出対象は7万4878人だったことを初めて明かした。 報道によればリクルートキャリアは「リクナビDMPフォロー」を通して、就活生の内定辞退率を個人が特定できるかたちで、同サービスを利用する企業38社に提供していたとのことでした。 だが一方で、自社でそのような行動を起こされたらたまらないと採用を控える会社があることも否めない。

次の

リクナビ問題、職安法指針違反で利用38社に行政指導へ :日本経済新聞

リクナビ 問題

信用スコアとは、取引などの履歴から個人の信用度を数値化したものだ。 仮に38社の企業が、リクルートキャリアから個人情報の提供を受けることについて応募学生から同意を得ていなかったとすれば、上記指針に抵触する可能性が生じます。 参考文献 労務行政研究所「HRテクノロジーで人事が変わる」(労務行政) 山本龍彦「AIと憲法」(日本経済新聞出版社) 野呂悠登「AIによる個人情報の取扱いの留意点」(ビジネスロージャーナル2018年6月号) 松尾剛行「AI・HRテック対応人事労務情報管理の法律実務」(弘文堂). 7983人以外の数十万人の会員についても、リクナビ登録の際には「個人情報を使用」「採用活動補助のための利用企業などへの情報・提供」といったあいまいな説明に同意を得ただけで「内定辞退率の予測に使う可能性がある」と明記していたわけではありません。 その後、リクルートキャリアは で、学生7983名については同プライバシーポリシーによる形式的な同意すら得られていなかったことを発表しました。 もちろん新卒採用市場で人材難と飽和状態による仁義なき戦いが行われているのは周知の事実。 採用の可否の判定には使わない同意書を得た上で事態率を提供していた」 検証不能な企業との同意書の限界. cookieはサイト閲覧履歴であり、どこの企業を見ているか、何のページをどのぐらいの時間見ているかなどがわかってしまいます。 また、より容易に想像できるのは、「AI選考対策」として、就活生が就活情報サイト上で、本命以外の企業の情報を見ることを避けるようになることだ。

次の

信用なくした「リクナビ」が放つ覚悟の一手。学生起点に振り切る(ニュースイッチ)

リクナビ 問題

AIの技術を使って内定辞退率を算出し、企業に販売していたリクルートキャリア。 個人情報の利用について同意を取る手順に不備があった• 企業の人事担当者からすれば、予期せぬ内定辞退によって予定していた採用人数を確保できないという事態を避けるため、自社を本命視している学生かどうかを知りたいというのは理解できる。 「辞退率を導き出したのは、内定を辞退しそうな学生を事前に把握して、企業が『フォロー』などコミュニケーションを取るためだった。 サービスを利用するために、ユーザー本人が望まない個人情報の利用に同意せざるを得ないケースもあるのではないかと懸念されます。 「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活生が企業の内定を辞退する可能性を予測し、38社に提供していた。 しかしクライアント企業が当該データを合否の判定に用いていないかは確認が難しいことから、合否判定に利用された懸念があるとする声もあります。

次の