ペトラ は 静か に 対峙 する。 ペトラは静かに対峙するとは

『ペトラは静かに対峙する』特集|逃れられない悲劇の連鎖…カンヌ常連監督が観客に仕掛ける巧妙な罠に驚愕する──

ペトラ は 静か に 対峙 する

しかし事件の瞬間やその後の愁嘆場のシーンは殆どない。 映画の紹介ページに書かれていたとおり、最初に起こる事件は家政婦の自殺だが、映画を見ている限りまさかこの人がという人が自殺する。 ルカス: - ジャウメとマリサの息子。 写真家。 こうしてジャウメに呼び出される形となったテレサはジャウメの望むままに抱かれる。 - (英語). その一方では「驚かされるのは、人間の残酷さ、無力さをまざまざと観る者に突きつけ、呆気ないほど死者が続出するこの映画が、人間の再生力、生命力をも映し出していることだ」と評し 、も「人間の冷酷さ、罪深さを描きながらも、その奥に温かさを感じさせるラスト」として高く評価している。 フォトギャラリーはこちら 2018年カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品された本作。

次の

『ペトラは静かに対峙する』特集|逃れられない悲劇の連鎖…カンヌ常連監督が観客に仕掛ける巧妙な罠に驚愕する──

ペトラ は 静か に 対峙 する

けれど彼も最後は殺される。 しかし彼女の本当の目的はジャウメが実の父親かどうかを確かめることだった。 静けさは激情の裏返し。 作品の評価 [編集 ] 映画批評家によるレビュー [編集 ] の 監督週間 ()に出品されたが、評論家からの評価は低い。 あえて時系列を操作することで、観客がスクリーンを見ながら抱いていた「違和感」の答えらしきものを後付けで提示し、さらにチャプターが変わるたびに「えっ!」と言うスリリングな心境をもたらしてくれる。 2018年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品、アスガー・ファルハディ監督『誰もがそれを知っている』にも出演している。

次の

『ペトラは静かに対峙する』特集|逃れられない悲劇の連鎖…カンヌ常連監督が観客に仕掛ける巧妙な罠に驚愕する──

ペトラ は 静か に 対峙 する

画家のペトラが著名な彫刻家ジャウメが自分の父かどうかを確かめるために彼の邸宅を訪れ、次第にジャウメが権力を振りかざす冷血な人物だということがわかってくるが、ある日、一家の家政婦が謎の自殺を遂げ、そこから始まる長い負のスパイラルにペトラも巻き込まれていく、というあらすじだ。 2019年7月2日閲覧。 2008年 Bullet In The Head 85分 サン・セバスチャン国際映画祭コンペティション部門正式出品 国際批評家連盟賞• 外部リンク [編集 ]• 物語をそのまま時系列に並べると、古典的な文芸作のように仕上がったはず。 All Rights Reserved. それぞれがアートを追求していく異なるプロセスも興味深いものがある。 2012年 The Dream And The Silence 120分 カンヌ国際映画祭監督週間正式出品• これが初の劇場公開となるスペインのハイメ・ロサレス監督の長編第6作は、不確かな自らのルーツを探し求めるペトラという女性画家の物語だ。 そのうちに、彼が権力を振りかざす、冷酷な人物であることが浮き彫りになってくる。

次の

『ペトラは静かに対峙する』特集|逃れられない悲劇の連鎖…カンヌ常連監督が観客に仕掛ける巧妙な罠に驚愕する──

ペトラ は 静か に 対峙 する

むろん時間軸を自由に操れる映画において現在、過去、未来を行き来する物語の構造は珍しくないが、それぞれのチャプタータイトルがその章で起こる重大な出来事を予告するのは異例だろう。 彼女の本当の目的はジャウメが自分の父かどうか確かめることだったが、接するうちに、彼が権力を振りかざす、冷酷な人物であることがわかってくる。 「天才は理解不能である」っていうジャウメの話の気がするね。 会話と出来事だけが、ただ淡々と語られていく。 一方、ペトラが腹違いの妹とは思いもしないルカスはペトラに惹かれていくが、それをペトラはやんわりと拒む。

次の

ペトラは静かに対峙する : 作品情報

ペトラ は 静か に 対峙 する

フアンホ: チェマ・デル・バルコ - テレサの夫。 ペトラは動揺する。 強すぎる自意識は得てして悲劇を生む。 提示されるのは各人の語り言葉だけなので、その真偽や本当の心情までは、観客には計り知れない。 数々の女優賞を受賞し、2000年から2003年までスペイン映画芸術科学アカデミーの会長も務めた。

次の

ペトラは静かに対峙する : 作品情報

ペトラ は 静か に 対峙 する

2019年7月6日閲覧。 また、起こった出来事の結果を写さず場面が転換し、どうなったのかという不安を引きずったまま、後になって経緯が明かされる事もある。 しかし、ジャウメはフリアに初めて会った時には既にペトラが生まれていたので自分は父親ではないと告げる。 324. 複雑な心情を持つヒロインを繊細な表現で演じ切った。 だが、恐らく彼女を自殺に追い込んだと思われる「卑劣な行為」をのぞき見してしまった観客は、この映画が単なる謎解きやサスペンスといったカテゴリーには収まらないことを痛感させられる。 会田誠(美術家) キメ細かい人物設定、過不足ないシナリオ、お見事。

次の

解説・あらすじ

ペトラ は 静か に 対峙 する

。 言ってみれば、素性を隠しスパイとしてこの家に潜入したというわけだ。 ペトラが彼に接近したことをきっかけに、主要キャラクター8人はそれが逃れられない定めであるかのように破滅へと転がり落ちていく。 話の内容は、かなり濃い目ではあるが王道のサスペンス。 キャスト [編集 ]• 2018年に名誉ゴヤ賞を受賞。 2018年製作/107分/PG12/スペイン・フランス・デンマーク合作 原題:Petra 配給:サンリス スタッフ・キャスト 田舎の村を訪れる女性。

次の