ロック オペラ モーツァルト 宝塚。 感想:宝塚歌劇団星組『ロックオペラ モーツァルト』

ロックオペラ モーツァルト

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

おっと、その前に、いつものように スタッフも書き留めておきます。 追記: 星組で「ロミオとジュリエット」再演の期待も高いですが、私は今の星組には「1789」の方が合っいるのではないかなと思っています。 『太陽王』や『1789』を手掛けたドーヴ・アチア氏によるフランス発の大ヒットミュージカルが、ついに宝塚歌劇の舞台に登場。 数えきれないような気がします。 (でも、とかのフィナーレは繋がってたよね) まぁ、に男役群舞でガシガシに躍らせたいのはわかりますけどね~苦笑 実際凄かったし、キレッキレでしたけどね。 両作品の大きな違いは、やはりアントニオ・というキャターが存在する否か、でしょうか。 まぁ、昨日発表された星蘭ひとみちゃんの映像中心の専科移動の方が謎ですけど。

次の

宝塚星組『モーツァルト』の感想がすごすぎる!客席降りも贅沢!?

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

こんなに躍動感のあるトップコンビってなかなかない! こんなトップコンビを待ってたよ~!! 前トップのさゆみさん(紅ゆずる)は、いい人かも知れないけど、あーちゃん(綺咲愛里)は、可愛いかもしれないけど、それは舞台を作る上で 重要度が低いです。 French Song of the Year - 「 L'assasymphonie」 脚注 [ ]• 鮮烈なカムバック、と表現したのには理由があって、彼女は昨年、ちょうど公演『デビュタント』のタイミングでケガをして、休演をされていたんです。 上演台本:• 1幕ラストの方の裸足で踊る姿とか。 アロイジア・ウェーバー:• この『 』は、フランク・ワイルドホーン作曲の『!』とは全く別の作品になっているので、そこはご注意を。 素晴らしい歌唱力と最新技術 『1789 -バスティーユの恋人たち-』でも、「録音音声」の何重にも重なり合ったものがとても効果的に響いていました。

次の

星組『ロックオペラ モーツァルト』ドーブアチア ✕ 有村淳

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

まぁ、少年ぽさは否めないんですけどね(苦笑)劇中で子供のまま大人になったって言われてるけど、まんま子供(少年)っぽいんだもん。 (てへ) で公演されてる「!」の方が(M! お客様の判断でご利用願います。 。 この天真爛漫な性格が仇となるのか,幼少期神童と言われたモーツァルトですが,大人になってからはなかなか特定の王侯貴族や聖堂での仕事にはつけず,フランスやイタリアなどを巡業することとなります。 ダ・ポンテ:• すごい。

次の

ロックオペラ モーツァルト

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

礼真琴くんだけでなく、また男役だけでなく、研1の娘役さんに至るまで、終始踊りぬいているそうです。 圧巻の歌。 舞台の質量がすごい。 。 それが 魂の叫びとなって、より響いてきたのですね。

次の

【星組】ロックオペラモーツァルト① 礼真琴の歌唱力に唸った!

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

苦笑 まぁ、たしかに「 」は、数年前にさんとさんがW主演で公演されてたけど、公演されたのはその1度だけですしね。 ゾフィー・ヴェーバー: 2019年版 [ ] で上演。 ポチッとしていただたらうれしいです。 音楽監督・編曲:• そしてそれがどの役にも、アンサンブルにもありました。 宝塚歌劇団もそのように捉えているようです。 いや、すごかった。 そして遅れて トップスター・礼真琴登場! 男役としては小柄な方ですが、すごい声量! 張り、伸びのある声!! ことちゃんの声が劇場内の空気をビンビン震わせて圧巻です。

次の

宝塚星組『モーツァルト』の感想がすごすぎる!客席降りも贅沢!?

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

その実力が十二分にいかされる舞台となっているようです。 63年マロニエファッションデザイン専門学校卒後、アパレル・メーカー勤務を経て、平成3年宝塚歌劇団に入った。 これからが楽しみだ。 サリエリにも光を当て、モーツァルトとの対比をより強く描く。 ヨーゼファ・ヴェーバー:• これほど見にくいのであれば 3階席のLRや後方はB席の値段設定をしてほしいというのが正直なところです。 ロックのビートに気分高揚させられて ダンザブルなメロディーで客席もノリノリ気分になります。

次の