株式 会社 インフォメーション ディベロプメント。 会社の概要

ブリッジレポート:(4709)インフォメーション・ディベロプメント vol.64 IRレポート「ブリッジレポート」

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

稼ぎ時の時期においても更に収益性を高めることができるのか、第4四半期の利益率が注目される。 自己資本比率は61. 金融向けITアウトソーシングに強みを持つ独立系の情報サービス会社。 外注費や労務費や製造経費などを中心に売上原価が前年同期比16. 同社は当ファンドへの出資を通じ、先端IT技術の情報収集を行うとともにDX(デジタルトランスフォーメーション、注)への知見を深め、同社事業への応用に取りこむことによって今後の事業展開へ活用する方針である。 尚、2013年12月17日、JASDAQから東証2部に市場変更。 - - -2,000円 -2,000円 1,000円 株主資本以外変動額? 9%増の68億94百万円。 1億円 9,436万円 7,024万円 6,373万円 4億円 販売管理費? また、世界中でサイバー攻撃や情報漏えい事件が発生している中、セキュリティ対策への注目が増している。

次の

インフォメーション・ディベロプメント

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

新株の発行? 以 上 リリースはこちら. 一方、大型プロジェクトの受注により公共系で増加したものの、大型プロジェクトの収束により金融系で減少したことからソフトウエア開発の売上高は減少した。 6%の計画。 その他費用? また、今後セキュリティ対策への投資の加速も予想される。 また、情報サービス産業との関連性が深い民間企業設備(実質)も前期比-2. 同月、欧州におけるパートナー候補(資本提携、業務提携先)の調査や、金融機関の運用管理ビジネスに関わる情報収集、有望なコンテンツの発掘を目的として、アムステルダムに駐在員事務所を設立した。 23億円 23億円 22億円 24億円 16億円 無形固定資産? 【IDグループ】 現在の国内外の連結子会社は7社。 (通称、IDアメリカ) (2)所在地 登記上の本社:アメリカ合衆国 デラウェア州 事業拠点:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 (3)代表者 代表取締役社長 舩越 真樹(当社代表取締役社長) (4)事業内容 人材採用・育成、現地市場調査、情報収集等 (5)設立 平成24 年8月(予定) (6)資本金 250万ドル(約200百万円) (7)株主 当社 100% 3.今後の見通し 当期の当社業績に与える影響は軽微です。

次の

会社の概要

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

2015年(平成27年)8月 IDシンガポールとIDが出資し、インドネシアのジャカルタにPT. 100億円 94億円 92億円 98億円 98億円? 販売管理費? 本社所在地:東京都千代田区五番町12-1 番町会館 会社沿革• 【情報サービス業の動向】 内閣府が12月10日に発表した18年7-9月の国内総生産(GDP、季節調整済み)2次速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0. SDは、昭和57年に金融分野のソフトウェア開発業務の拡大を目的として、日本ユニシス 株 【8056】との共同出資により設立された。 最終年度である2019年3月期の数値目標は、売上高240億円、営業利益16. 株主プロに掲載されている情報は、証券投資の勧誘を意図するものではありません。 2003年(平成15年)9月 プライバシーマーク取得• ビジネス環境が大きく変化している中、先駆けて安定感を手に入れているお勧めの企業です。 【事業セグメント】 事業は、システム運営管理、ソフトウエア開発・保守、及びその他に分かれ、各事業の概要と売上構成比は次のとおり。 クラウド• 当期純利益? 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 グループ内にオフショア(海外子会社に委託開発)、ニアショア(地方事業所での開発)体制を構築しており、多数の高度な専門技術者が高品質なサービスを実現し、金融機関、エネルギー、運輸をはじめとする幅広い分野の顧客へ、多くの開発実績を築いている。

次の

会社の概要

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

なお18年10月1日付で持株会社に移行する予定だったが、新設分割計画に関して法的要件を一部充足していないことが判明したため、6月14日に延期を発表している。 プラットフォーム開発業務は、公共系の売上高は増加したものの、金融系の売上高が減少した。 認証・登録 プライバシーマーク 登録番号:11820206 ISO9001 登録番号:JQA-QM7617 労働者派遣事業 許可番号:派13-313952 営業拠点. との協業契約締結 同社は、Indica Holding B. 4%の経常増益の計画 第3四半期が終了し、2019年3月期の会社計画は、10月26日に修正した予想から、売上高及び各段階利益とも変更なし。 当期純利益? 投資CF? t)をつけてください。 仕事内容:事業の半分を占める「DMS」系事業本部は(要サイト内組織図確認)、いわゆる「SES」事業です。

次の

株式会社インフォメーション・ディベロプメントの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0594)

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

LTD. 1%)を子会社化。 8%、製造、輸送、公共団体、エネルギー等のその他が19. 5%増の12億54百万円。 増収効果によりセグメント利益も同12. 7%、大手ベンダーの戦略パートナーが24. 買収した子会社の寄与や不採算プロジェクトの対応力強化が奏功し、昨年10月20日に下方修正した営業利益予想を大幅に上回る着地となった。 システム運営管理 外部リンク. 2015年(平成27年)7月 日本カルチャソフトサービスとソフトウエア・ディベロプメントを吸収合併• 取得価格は、約9千万円。 CyberXは、ICS環境における機器同士の行動分析とそれらの異常検出、さらに、独自の対ICS脅威インテリジェンスとを組み合わせた最先端の産業用制御システム向けサイバーセキュリティソリューション。

次の

(株)インフォメーション・ディベロプメント【4709】:株式/株価

株式 会社 インフォメーション ディベロプメント

5億円 1億円 4億円 3億円 -4億円 自己株式の取得?。 19年3月期は2桁増収増益予想である。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 (同100%、IDアメリカ)。 また決算プロに掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの利用に伴って利用者に発生した不利益や問題について、何ら責任を負うものではありません。 その他収益? 一方、セグメント利益は同1. 得意先への常駐がほとんどで、データセンターでの24365監視業務や技術を伴わない事務業務も多数あります。 代表者及び2名のキャピタリストはスタンフォード大学出身で、多数の起業家を輩出する同大学現役・卒業生とのネットワークに強みを持つ。

次の