キバユウ pixiv。 #キバユウ 18歳ライン

#キバユウ #ビトユウ 結婚にまつわる短編集

キバユウ pixiv

」 そう言うと、ベッドからガバッと音を立てて起き上がり、ムッとした表情で俺を睨みつけた。 キバナも喜んでくれると思ったのに。 「カレー、甘すぎないですか?」 「オレサマは甘口も好きだぜ」 「ユウリが作ってくれるんだからな」なんて100点満点の答えを言いながら、キバナはまた大きな一口でカレーを食べた。 「ついにユウリも甘口を卒業したい気分か?」 「毎回 甘口なわけじゃないんですよ! この前は渋口カレーだって平らげちゃいました」 「おおー、お姉さんやるなぁ」 「む…また子ども扱いしてますね」 ふふん と自慢げに話す彼女はやはりまだ少女だ。 ユウリの華奢な両手首を押さえ、馬乗りになるようにベッドの上に膝立ちをした。

次の

#キバユウ #ポケモン剣盾 大人とは

キバユウ pixiv

「一人で寝るにはちょっと大きすぎるんじゃないか?オレ様が一緒に寝てやろうか?ユウリ……。 ずっと抱えてきた初恋を一足跳びに同棲まで発展させてしまい、実家を出るときには両家でお祭り騒ぎになってしまい、ユウリとホップは苦笑して顔を見合わせたりもした。 2020年06月15日 月 00:00 スレ主さんの好みが良くわからないので、おすすめは控えておきますね。 平常心平常心と自分に言い聞かせながら。 キバナは彼女が深く眠ったことを確認してから、ぎゅ、と彼女の薄い身体を強く抱き寄せた。 それに、王様からあなたの身柄だけは絶対に守れと仰せつかっているのです」 「で、でも。 短い呼吸を繰り返し、チカチカとした光の点滅を感じて頭を振る。

次の

#キバユウ #ビトユウ 結婚にまつわる短編集

キバユウ pixiv

「…ユウリ?」 背が伸び、大人びた顔付きになっていたため最初は気付かなかったが、彼女は間違いなくたった今思い浮かべていたあのユウリだ。 ユウリは一人で食事を摂るのが嫌なので、キバナにわがままを言って、身分の差はあれど一緒に食卓を囲むことにしています。 キバナさんこそ元気でしたか?」 元気だったか?の問いに答えてくれなかったことが引っかかったが、彼女はあの時のあどけなさを少し残しつつも、大人びた顔で笑って言った。 除外したいワードに「-(半角マイナス)」をつけて、検索欄に入れれば、該当するものを抜くことができます。 「助けてくれてありがとう」「なにかあったら言ってね」みたいな言葉は今まで助けに行ったすべてのジムで言われて、もちろんとても嬉しい気持ちになったのに、なぜか彼の…キバナさんの言葉は嬉しいだけでなく安心するような、とにかく全然違って聞こえていた。 やがて、一巡して戻ってきたユウリはポツリと呟いた。 そういうところが子ども扱いなのに… そうは思っても好きな人に触れられて嬉しいと思ってしまう単純さが子どもだと思いつつ、私は触れられて少し火照った顔を隠しながら乱れた髪を今日も直すのだ。

次の

キバユウとかない作品

キバユウ pixiv

まだ10代の彼女にチャンピオンという肩書きは重い。 ジムチャレンジャーとのバトルでここまで熱くなるバトルがあっただろうか。 縋るように聞いたユウリに、キバナは残酷な真実をつげた。 セミファイナルの試合を前にして、ダンデはほうと息を吐いた。 「…………そうかい。 「いや、なんでもねえ。 しかし信頼している主の願いなら、そして主を大切に思っている人間の願いなら、全力で答えてくれる存在だった。

次の

キバユウとかない作品

キバユウ pixiv

そこには一匹のポケモンと、ホップの兄ダンデ、リザードンが居た。 [newpage] 今日一緒に食事をしたユウリが、「伝えたいことがある」と言ってきた。 「フライゴン!!『まもる』っ!!」 彼の優秀なフライゴンは迅速に主の指示を果たした。 」 少しは脅しになっただろうか。 小さい頃から、このお城に住んでおりました。 ___穢れのない心と消えかけの命を持つ少女か……。

次の

【凄い】ポケモンの「キバユウ(キバナ×ユウリ)」今Pixivで最も閲覧されているカップリングとなる 多分ポケモン史上初

キバユウ pixiv

気付いたらなんだか心がとてもあたたかな気持ちになって…。 小さな両手で顔を覆うユウリなどお構いなしに、彼は優しく微笑んだ。 そういうとユウリの強張った肩が、少しだけ緩んだ。 強いが、まだ世間を知らない。 自分は背負っているものが多い。 「ついにユウリも甘口を卒業したい気分か?」 「毎回 甘口なわけじゃないんですよ! この前は渋口カレーだって平らげちゃいました」 「おおー、お姉さんやるなぁ」 「む…また子ども扱いしてますね」 ジロリと睨むと「そんなことないって」と私の頭を大きな手でぐしゃぐしゃ撫でた。

次の