ご 教授 いただけ ます と 幸い です。 「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

【例文つき】「ご教示」と「ご教授」の違い&正しい使い方とは

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 現在、卒論テーマを検討中であり、ご相談したい点は以下3点です。 いま一度、ご確認いただきますようお願いいたします。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 V(動詞)にしてもらいたいことを入れて文章をつくってみてね。

次の

「ご教示ください」の意味と使い方・「ご教授」との違い

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 これまで紹介した敬語と言いたいことはおなじ。 ご教授いただけますと幸甚に存じます• ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 ご教授いただけますでしょうか• 「幸いに存じます」は口頭でも使える表現なので、相手に直接会ってお願いしたいときにも、失礼を与えることなく伝えることができるでしょう。 」は文法的におかしいですね。 スマホからフリーメールで送りたい場合は、メールアプリをダウンロードしておくと楽に送ることができます。 たとえば、• ・企画書についてご助言いただければ幸いです。

次の

丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

「願います」は、「願う」に丁寧語の「ます」をつけて丁寧語にしているもので、「〜をお願いします」と相手に依頼をする場面で使用することができます。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 I would appreciate it if you could investigate with this matter. どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご教示」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 辞書で「教える」を検索すると類語が出てきました。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 言いたいことは結局のところ「教え授けてほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。

次の

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

実際には、書き言葉として使われることが多いです。 これまで誤用をしてしまっていたとしても、相手への敬意を払った丁寧な言い方をしようという気持ちは、人間関係を築く上で何より大切なことです。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、新企画の内容についてご教示いただければ幸いです」 「今回の件について何か知っていることがあればご教示いただければ幸いです」 「資料の送付先がわからないにで、お手数ですがご教示いただければ幸いです」 「ご教示」の類語 ご指示 「ご指示」は「 ごしじ」と読みます。 ご教授賜れますと幸甚に存じます• 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 何卒よろしくお願い申し上げます。

次の

「ご教示ください」の意味と使い方・「ご教授」との違い

ご 教授 いただけ ます と 幸い です

~~して欲しい。 5日までにメールをいただけると 幸いに存じます。 さて、先述では「ご教示いただけますでしょうか」という言葉の意味や用法、またその言い換え表現についてご紹介してきましたが、果たしてこの「ご教示いただけますでしょうか」という形容は正しい敬語表現として認められるでしょうか。 相手の言葉の間違いにも寛容であった方がよいでしょう。 文法的に正しいかは?ですが、 基本は手紙を書くときに使う言葉だと丁寧になると思いますよ。 「このプロジェクトの現在の状況をご教示いただけますと幸いです。 なお「ご教示 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。

次の