モンゴメリー クリフト。 「モンゴメリー・クリフトのこと」 映画研究 三浦忠夫

モンゴメリー・クリフト (今週のスター)

モンゴメリー クリフト

オッペンハイマーは人類を破滅させるような兵器をつくったことを悩みつづけた。 これを撮ったのがセルズニックなんですね。 それでセルズニックの、この夫人、ジェニファー・ジョーンズはパーティーに行ってもみんなに総スカン。 文/山口ゆかり ロンドン在住フリーランスライター。 そしたらジェニファーは、「『風と共に去りぬ』以上のもの作って下さい」言ったのね。 [1]• その思いに沿ったわけではないだろうが、この映画は何かを暴き立てることも、否定することもしていない。 自由に選んだのは、役だけではなかった。

次の

男も女も虜になったイケメン俳優、モンゴメリー・クリフトの時代

モンゴメリー クリフト

住み込みの男性秘書が、起きてこない モンゴメリークリフトを不審に思い 部屋をノックするも返事なし ドアを打ち破れなかったので、裏庭からよじ登り、 2階の モンゴメリーはんの部屋の窓から中に入った男性秘書が発見したのは、 メガネをかけて全裸の仰向けで亡くなっている モンゴメリーはんでした。 さて、古き良きハリウッドのスターだったモンティーだが、当時のスタジオ・システム、スタジオと契約して与えられる役をこなすという形式を嫌っていた。 監督は初めて会った時のモンティについて、こう語っている。 米独両陣営にまたがって、第二次大戦中の青年の心理が平行して描写され、やがてこれが終局近い独仏国境戦線で悲劇的に接触する。 チェーホフの『かもめ』である。 [1]• 同時代のスター、それも、男からも女からも愛されたというその魅力を、幅広い分野に通じる評論家の海野 弘氏が解説する。 それどころか、後年、私生活での苦しさが、スクリーン上にまで出てしまっているようなシーンさえ入れている。

次の

男も女も虜になったイケメン俳優、モンゴメリー・クリフトの時代

モンゴメリー クリフト

[1]• (右の写真) 『愛情の花咲く樹』 エリザベス・テイラーと ・当時、モンティの好敵手と見なされていたのが。 その夫を蹴ってセルズニックと一緒になったんですね。 モンティーが亡くなった後に生まれたロバートには、幼い頃、その溝が理解できなかった。 [2]• それをトラックが引っかけて、「おっ、誰か倒れとるぞ」って見たらジェニファー・ジョーンズだったのね。 クリストファー・シルヴェスター編『インタヴューズ II』に収録された1959年の記事を読んでも、インタビュアーの前で突然泣いたり、威嚇したり、床に寝そべったりと、驚くほど情緒不安定な状態にあったことが分かる。

次の

モンゴメリー・クリフト ー 名監督たちがこぞって起用した2枚目俳優 ー 20世紀・シネマ・パラダイス

モンゴメリー クリフト

享年 45歳だった。 ご存知のように両作とも大成功し、前者はマーロン・ブランドにオスカーをもたらし、後者はジェームス・ディーンを世に送りだすこととなった。 若き日の貴方様は、本当に美しい、ほれぼれします。 ゼッタイ言えないですよね。 クリフトは、喋っているときよりも、じっとしているときの方が、より多くを語る。 戦前のハリウッド映画では、たくましい男、決断力のある男、さっぱりした男が良しとされる傾向があり、傷つきやすく、うじうじしている男に肩入れする作品は主流ではなかった。 ジョージ・スティーヴンス監督は一九二五年に書かれた小説の舞台を現代(一九五〇年代)に移し、登場人物の名もすっかり変えている。

次の

モンゴメリー・クリフト 〜孤独な青年の象徴〜

モンゴメリー クリフト

キャスト [ ]• 3. 驚嘆の「何処のクリフなの? [1]• アレルギーや大腸炎に悩まされた体質のお方なのにです。 [2]• ハリウッドから映画出演のオファーをされてもなかなか応じなかったが、1948年に映画デビュー。 事故車の中から彼を救出したのは、急報を受けて駆けつけたエリザベス・テイラーだった。 バートンとの共演は、どちらかというと成熟した男と女の愛であり、それは憎しみやいがみ合いと裏表であり、それらを二人の役者によって演じられ、観る側がそれを堪能する。 想像するだけでも楽しい。 最後の映画出演作はラウール・レヴィ監督の『ザ・スパイ』(1966年)。

次の

モンゴメリー・クリフトの映画作品

モンゴメリー クリフト

The Wind and the Rain 1938• [1]• 45歳だった。 昔から舞台でその実力は認められていながら映画の出演をあえて避けてきた彼が、「赤い河」 48 でとうとうその風貌を銀幕に現したとき、ステレオタイプな演技を保守してきたベテランの俳優たちはクリフトのまったく新しい演技を見て、たじたじになった。 [2]• 初七日 - 1966年07月29日 四十九日 - 1966年09月09日 百か日 - 1966年10月30日 一周忌 - 1967年07月23日 三回忌 - 1968年07月23日 七回忌 - 1972年07月23日 十三回忌 - 1978年07月23日 十七回忌 - 1982年07月23日 二十三回忌 - 1988年07月23日 二十五回忌 - 1990年07月23日 二十七回忌 - 1992年07月23日 三十三回忌 - 1998年07月23日 五十回忌 - 2015年07月23日 百回忌 - 2065年07月23日 百五十回忌 - 2115年07月23日 二百回忌 - 2165年07月23日 三百回忌 - 2265年07月23日 神式の場合• それで酒ばっかりのんで、表出て酔っ払って街頭で倒れちゃったのね、この女優が。 1920年アメリカ生まれの モンゴメリークリフト、通称モンティクリフト。 五〇年代前半にはかげりがあらわれ、クリフトの映画も光を失い、彼はすさんだ生活に沈んでゆく。 主演は「愛しのシバよ帰れ」のバートランカスター、「終着駅」のモンゴメリー・クリフト、「クオ・ヴァディス」のデボラ・カー、「ネバダ決死隊」のドナ・リード、「錨を上げて」のフランク・シナトラで、フィリップ・オーバー、アーネスト・ボーグナイン、ミッキー・ショウネシー、ハリー・ベラバー、ジョン・デニスらが助演する。

次の

身長が170cm代もしくは160cm代の海外の有名人(男性のみ)を教えてく...

モンゴメリー クリフト

美しいだけではなくて、演技への真摯な姿勢や金銭にこだわらないお人柄も魅力の一つです。 ベストテン第5位。 『』、『』、『』、『』などは彼が断った作品の一部である。 しかし意外に運動能力があり、またたく間に銃や馬のあつかいを覚えたという。 エリザベス・テイラーである。

次の