柳川 うなぎ せいろ 蒸し。 元祖本吉屋 (がんそもとよしや)

うなぎ / 鰻せいろ蒸し 蒲焼 白焼 笹めし|うなぎ処 柳川屋|公式HP

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

「うなぎ」は、当時、まず漁師から仲買に売られ、仲買から問屋へ納入されていたようです。 鰻はすべてガスを一切使用せず、炭火で丁寧に焼き上げてあるんです。 香ばしいうなぎと相まって美味しいんですが、私としてはちょっとタレが強すぎ(多すぎ)るかな?という感じ。 元祖本吉屋 関連ランキング:うなぎ 矢加部駅、西鉄柳川駅. せいろでうな重が蒸されています。 ぜひ、人気の理由と歴史に彩られた伝統をその舌で確かめに来てください!. このビジュアルは…たまらんっ……! 口の中がタレで甘辛く染まってきたら、あっさりと肝吸いを味わいつつ軽くリセットを。 川下りと鰻を同じ店で楽しめる一石二鳥なお店に、多くの観光客が訪れます。

次の

柳川のうなぎとせいろ蒸し・郷土料理|お食事|柳川藩主立花邸 御花|福岡県柳川市

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

「うなぎのせいろ蒸し」の起源は、「元吉七郎兵衛」が1600年代後半の江戸時代中期に「柳川の人の口に合う料理を!」と考案したのがきっかけだといわれています。 月替わりでお品書きが変わります。 「ばってんくさんも…」 通されたのは1階の座敷。 すのこを引いたせいろに、タレをまぶしたご飯を入れ、その上に香ばしいうなぎの蒲焼きと錦糸卵を乗せ、じっくり蒸しあげる「うなぎのせいろ蒸し」。 スポンサーリンク 結婚式や行事もできる「ランヴィエール勝島」 結婚式や行事などをすることもできる大きな会場があり、ランチだけの利用もできます。 柳川さんはうなぎの美味しいお店というだけあって平日といえどもとても混んでいます。

次の

柳川名物グルメ「うなぎのせいろ蒸し」。発祥の店でアツアツふわふわを堪能│観光・旅行ガイド

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

表面はパリっとして中はふっくら、ちょうどいい加減の甘辛く美味しいタレで幸せを感じます。 。 江戸時代後期の柳河藩領内にて、「うなぎ」は「漁方」という役所の統制下におかれていたようです。 あとがき せいろ蒸しの元祖として名高い本吉屋さん、柳川に来るならやはり要チェックですね。 お次はせいろ蒸し。 ふむ、いい光沢だ…! いただきます! 初代から続く秘伝のタレは濃厚で、それにどっぷりと漬けられたうなぎの味はかなり濃いめ。

次の

うなぎのせいろ蒸し発祥の店「元祖本吉屋」創業三百有余年の超老舗!

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

甘いたれが好きな娘は、こちらの方が好みのよう。 今回は鰻が目的で訪問しましたが今度はどじょうも食べてみたくなりました。 今から約330年以上前、現在も大人気の老舗店『元祖元吉屋』で、せいろ蒸しという調理法が発祥しました。 時代を感じさせるセイロに入って出てきました。 それだけ、地元にとってはうなぎ料理=せいろ蒸しというポピュラーな料理。 ) タレがたっぷりとしみこんだご飯と一緒に…おお、これは美味しい! 一見蒲焼よりも味が濃そうに見えますが、ご飯には違うタレを使っているのか見た目よりもくどい感じは少ない。

次の

柳川

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

こういうお店で提供される鰻が美味しくないわけがない。 柳川うなぎ料理専門店外観 国道19号線を市役所のある交差点(瑞穂通5丁目)を北上して春日井警察署を横目に右手に見えてくるこの看板を見かけた方も多いと思います。 うなぎ料理は、単品を除いて8種類。 夜17:00~20:30• スタッフ一同、皆様のご利用を心よりお待ちしております。 個人的には、このお店では蒲焼より断然せいろ蒸しですねー。 内部も昔ながらの料亭のような感じで年季が入っており、いかにも老舗といった風情。 mobile メニュー ドリンク 日本酒あり 料理 魚料理にこだわる 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。

次の

柳川と縁深い「うなぎ」の歴史に迫る!!(/)【チクステ】

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

商品の詳細についてはをご覧ください。 昼11:00~14:30• 暖簾も仕舞われていました。 このような畳の上にあるテーブルが10ほどあります。 うなぎの長焼きがお皿に乗って提供されます。 地元の旬の食材を使い、一皿一椀、心を込めて作る季節感あふれる会席料理です。 それならばと同行者とあわせてせいろ蒸し単品、蒲焼定食を注文。

次の

うなぎのせいろ蒸し発祥の店「元祖本吉屋」創業三百有余年の超老舗!

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

うなぎ料理 うなぎのせいろむし(松) 3,100円 うなぎのせいろむし(竹) 2,600円 うなぎのせいろむし(小) 1,900円 うなぎ丼 2,200円 うなぎ会席(雪) 4,500円 うなぎ会席(月) 3,700円 うなぎ会席(花) 3,550円 よかごつ会席 4,150円 よかごつ会席(天刺) 4,800円 ごんしゃん膳(せいろ小) 2,900円 ごんしゃん膳(せいろ大) 3,800円 ひなかご膳 2,500円 山田屋膳 4,950円 蒲焼 3,300円 白焼き 3,100円 うまき 650円 日本料理 紫膳 2,700円 四季の膳 3,780円 ふるさと膳 4,860円 御馳走膳 5,400円 祝会席 5,400円 精進会席 3,780円 出前メニュー せいろ 2,900円 せいろ(お子様) 1,700円 うな丼 2,000円 吸付せいろ 3,100円 吸付せいろ(お子様) 1,900円 吸付うな丼 2,200円 持ち帰りメニュー せいろ 2,950円 せいろ(お子様) 1,750円 うな丼 2,050円 蒲焼 3,350円 白焼き 3,150円. 平日の16時頃だったのでさすがにお客さんは少なかったですが、ピーク時は1〜2時間待ちなんてこともあるとか。 柳川市の中心部に近い場所にあるのですが、あまり大きな都市ではないこともあり周りはかなり静か。 (正面に「本吉屋」の名入りだったのに撮り忘れた。 そわそわしながら約15分待ちます。 定休日:月曜日• [夜] ¥4,000~¥4,999 [昼] ¥4,000~¥4,999 支払い方法 カード不可 席・設備 席数 140席 個室 有 (2人可、4人可、6人可、8人可) 貸切 可 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 15台 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、座敷あり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! お友達に柳川を案内したい時は、こちらに訪れる、ばぁばが一番大好きなお店です。 「うなぎのせいろ蒸し」発祥のお店『元祖本吉屋』 柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」が登場するのは、1681年。

次の

柳川のうなぎとせいろ蒸し・郷土料理|お食事|柳川藩主立花邸 御花|福岡県柳川市

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

柳川さんはうなぎ料理で有名ですが、どじょう料理も提供されています。 鰻は全体的にふんわりとして柔らかい食べ心地です。 川下りの発着所も目の前にあり、そこを往来する舟を眺めることができます。 驚くほど柔らかく、ふっくらした身は絶品でした。 街にはお堀と城下町らしい街並みが一部残っており、川下り(お堀めぐり)や北原白秋のふるさととしても知られている街です。 住所 〒832-0065 福岡県柳川市沖端町28 営業時間 10:30~17:00 定休日 火曜日 Google Map 食べログ 驚くほど柔らかい!「万榮堂」 味が濃すぎず、私が一番好みの味です。 タレをまぶしたご飯の上に、焼き上げたばかりのうなぎの蒲焼をのせ、うなぎと味の合性がよい、しかも色添えにもなる金糸卵をあしらって、二度せいろで蒸します。

次の