毎日 新聞 リストラ。 毎日新聞社の「リストラをしている」の噂検証

オールドメディアの雄、毎日新聞のリストラが凄いらしい(リストラ前の惨状も)

毎日 新聞 リストラ

この編集の独立は、全社員の自覚と努力によって確保される。 労組が最も懸念しているのが、早期退職とセットで会社が提案した「支局などの地方機関から105人を減らす組織再編」だ。 どうせ頑張っても上に上がれないんだなと感じたら頑張らなくなるでしょう。 理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。 だいたい、小川氏は「聞いています」等とコメントしているが、まるで他人事。 毎日新聞のリストラから学ぶ!社員高齢化 の時代に生き抜く方法 社員高齢化への対策として、企業が終身雇用をなくした場合、アオリを食らうのは働いている人々です。

次の

毎日新聞はもうすぐ、日経に「追い越される」 部数が示す「朝毎読」の終焉: J

毎日 新聞 リストラ

改革を先送りにしてきたツケが リストラという形で50代以上の社員に 自分で放ったブーメランが自分に 返ってきてるのがありありとわかります。 今年3月末で社員OBへの無料購読を打ち切り、4月からの購読を求める手紙が送られたとのこと。 記者3人で県域の突発的な事件などに備える「夜~翌朝」の警戒担当をローテーションで回すと、単純計算で毎月約10日間担当することになる。 参考に特集記事を添付しました。 写真は海外の主要メディアにも次々と掲載され、世界中に災害の爪痕の深さを伝えました。 ただ、当時と異なるのは、本業の新聞事業が完全に先細りに なっていることだ。 私が発言できるのは、キャリアにつながる「新聞記者」の未来像だ。

次の

毎日新聞リストラ:元凶はネットより経営陣を無能にする法規制

毎日 新聞 リストラ

ネット民が唖然「全社員の2割が部長級」に見える構造 結局、「元凶」を探っていくと、経営陣の意思決定であり、ガバナンスの問題に付き当たる。 著書に『蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?』(ワニブックス)など。 高額な人件費がかかる といったデメリットが発生するからです。 高齢化と管理職の増加 さらにニュース記事を見てみると毎日新聞の高齢化と管理職の多さがわかります。 読者に読ませようという気がないものが多すぎる。 編集綱領委員会• 新聞はオワコンなのか? よく聞かれることなので、回答は決まっていた。 読んでみてください。

次の

毎日新聞「リストラ」報道から考える、新聞記者の未来像(石戸諭)

毎日 新聞 リストラ

大手から中小企業、政党、政治家の広報PRプロジェクトに参画。 本誌が入手した労働組合資料によれば、丸山昌宏社長は5月29日、早期退職優遇制度を労組に提案した際、「構造改革を先送りしてきた結果、50歳代以上が社員の4割強を占め、さらに管理職が3割以上を占めるいびつな構造になっている」と危機感を語った。 スポーツや文化の発展のために主催事業の魅力をさらに高めます。 パヨク論調が好きな人なら、ではなくを取っ てるんじゃないの。 ここまで経営危機に瀕していながら、皇居を一望 するに入居する必要性も全くありませんね。

次の

毎日新聞はもうすぐ、日経に「追い越される」 部数が示す「朝毎読」の終焉: J

毎日 新聞 リストラ

もう一つの重大な問題が、高齢社員に偏った年齢構成だ。 つまり、 全社員の10分の1が50歳以上の管理職なのです。 ノーベル平和賞受賞者や英元外相が追及に参加し、ロイター通信が大きく報道し、少なくとも英語圏の強い関心をひくライダイハン問題。 この再編案では愛知県が17人減って21人に縮小。 興味がある人はどうぞ。 いまの新聞記者、特に20代、30代に必要なのは、ファクトの大切さを守りつつ、できることとできないことをはっきりさせることだと思う。

次の

オールドメディアの雄、毎日新聞のリストラが凄いらしい(リストラ前の惨状も)

毎日 新聞 リストラ

純減数は読売が一番大きいが、減少幅が最も大きいのが毎日だ。 これではメディアとしての国内の信用など得るわけがないし、発行部数が減少するのは自明の理である。 新聞社の収入源の1つは広告収入ですが、 部数の減少は広告収益も減っていると思われます。 ただ、協力関係をつくるにあたり、間違ってもプロパガンダと思われないように、記事の選択、削除、発行取りやめの権利は毎日新聞社が持ち、 中国の一方的な宣伝になるような政治の記事は除き、文化、芸術、スポーツ、観光などに絞った紙面にしたと聞いています。 ネットの普及で紙の新聞離れが進んだのは事実だが、問題はもっと根深いところにある。 USAトゥディを買収した孫正義氏(Wikipediaより) かつて日経新聞の株主だった元社員から株を譲り受けた作家の高杉良氏は、株主総会への出席を試みるも、元社員が社友資格を取り消されたことに伴い、株取引を無効とされて日経に出席を阻止された。

次の

全国紙でも進む「リストラ・支局統廃合」新聞記者の苦悩と見えぬ未来(松岡 久蔵)

毎日 新聞 リストラ

これによっての特長である現場発の 独自視点の記事が減れば、自らの首を締めることになりかねない。 また、「社員OBの無料購読廃止」についてもに掲載された。 組織が若ければ若いほど、色々なアイデアを持ってチャレンジする人が増えるでしょう。 人材としての付加価値を高めるには下記のことがおススメです。 以下に該当部分を引用する。 若い世代が入ってくれば、紙媒体にこだわらない、多角的に収益を作れるようなアイデアがでていたかもしれません。

次の