伊藤 まさこ インスタ グラム。 伊藤まさこさん 【後編】「身体の中からきちんと整えることが、いちばん大事なお手入れ」

伊藤まさこさん 【前編】「化粧水は、娘と一緒に週に1本使い切るくらい、たっぷりと!」

伊藤 まさこ インスタ グラム

SNS上では友達100人などというのが当たり前の時代に、これまた伊藤さんらしい潔い考え方だ。 でも、先生ですよ。 トーストにミニトマトをたっぷり添えて。 それを伝えるには、まず自分が買って使ってみないことには説得力がないーーーと言いながら、ちょくちょく買いものしてますね(笑)。 アラビアの耐熱皿に。 大久保 そう。

次の

【伊藤まさこさん インタビュー】“気持ちいい”を大事に〜自分基準の幸せの探し方〜 【後編】

伊藤 まさこ インスタ グラム

スタイリスト エッセイスト、今夏ほぼ日で「weeksdays」という毎日何か楽しいことが起こる主宰する店をオープン。 「なぜなら17時から呑むため 笑。 それで22時くらいには必ず寝る。 「子どものころ、父がアメリカ土産で買ってきてくれたクッキー型。 「友達は少なくていい」と言う伊藤さん。

次の

“気配りの達人”伊藤まさこさん インスタで気をつけていること(2016年9月29日)|ウーマンエキサイト(2/3)

伊藤 まさこ インスタ グラム

ミキモトのパールをたまにつけるくらい。 思ったことをいつ伝えるかも大切にします」 そんな伊藤さんのことを、料理家の坂田阿希子さんは「温かさのあるカジュアルな気配り名人」だと話します。 気分良く過ごすということは、己に向かっているわけだから、個人主義のようだけれど、そうではなくて、気分良く過ごしている人が側にいると、こちらも清々しくなってくるのです。 仕事で、20歳とか、25歳とか、 もう当たり前のようにそういう男の子と接するんです。 でね、あえてカギはかけず。 こう描きなさいとか言われるところではなかった」 「いられる場所を探してた?」 「でも、家もいることのできる場所だったから、もし家が厳しかったら、そこも嫌だったかもしれませんけど」 「親から協調性を持てとか言われたりもしなかった」 「そういうのはなかったです。

次の

「今日はもうや~めた」 スタイリスト・伊藤まさこさん Vol.1

伊藤 まさこ インスタ グラム

伊藤 はい。 それでも「もっと物を減らして自由に移動できるようにしたい」という。 だからそれをすでにやっている「ほぼ日」に 相談してみようと考えたんです。 伊藤 でも、全然集中できなかった。 ただ、頭から離れるってことはなくなる。

次の

伊藤まさこ INTERVIEW 前編「清々しく気持ちいいこと全部」

伊藤 まさこ インスタ グラム

伊藤 ラクになりたい! 早く。 もしかしたら私もああいう顔してるのかな? と思って。 「とにかく家に帰って。 やがて「クッキーをスプーン型にしてジャムをすくったら、きっと面白い!」とアイデアがふくらみ、商品化へと進んだそうです。 伊藤 それ、男の方がいるといないとで違いますか? 大久保 昨日は、男子もいたんですよ。

次の

その1 湯葉のようなショートパンツ。

伊藤 まさこ インスタ グラム

連載4回目は、LEE読者にはおなじみ伊藤まさこさんの娘・胡春ちゃんに作るフォトジェニックな「朝ごはん」を、娘目線のコメントつきでご紹介! そして、伊藤さんのインスタでも頻出!ハッとする器づかいとともに紹介される美味しそうでかわいらしいおやつたち。 飾らない自然体、はつらつとした笑顔、清潔感と女性らしさ。 だから、違いましたね。 伊藤 本当。 お料理もよくするので。

次の

伊藤まさこ【現在は離婚してるの?】意外な事実が・・・!?

伊藤 まさこ インスタ グラム

糸井 「まさこさんにとっても、 『ほぼ日』とやるのはいいよ」 ってぼくも言いたいわけですよ。 糸井 毎日というのは、病気になれないからね。 それは人づきあいも同じこと。 でも、さっき撮影をするのに ビールを2口ぐらい飲んだら、 復活してきました。 伊藤 タオルのスタイリングも、 場所を決めればあとはもうタオルがいいんだから、 わたしが何もする必要がないんですよ。 それ以来、シャネルを愛用しています。 今日もステーキを食べてきた」 伊藤さん、お昼にがっつりステーキを食べられたそうです。

次の

伊藤まさこさん 【前編】「化粧水は、娘と一緒に週に1本使い切るくらい、たっぷりと!」

伊藤 まさこ インスタ グラム

『暮らしのおへそ』Vol. 「子供のころは、どのようなことをして遊んでましたか?」 「他の子と遊ぶのが好きではなくて、遠足とかも仮病して行かなかったりしてました」 「どんな風に仮病を?」 「ポットに体温計を入れて、37度2分くらいにするんです」 「熱がある状態」 「そう。 大久保 まったくないですね。 伊藤 樋口可南子さんが わたしのアトリエに来てくださったとき、 お豆腐を蒸してゴマ油と 塩をかけただけのものを出したら、 「こんなふうに引けないのよ、引けない」 って言ってくださって。 でも、大好きっていうのは、 ちょっと信用できないな。 大久保 ドキドキしますよ! 私の場合、座骨神経痛が最近ひどくて、 その先生は理学療法士の資格を持ってるから、 「ああ、ちょっと痛いです」って言うと、 「じゃ、マッサージしましょう」って。 LEEweb『フォトジェニック! 娘目線の「ママの食卓」と伊藤家の「おやつの時間」』、いかがでしたか?素敵な器、ぜひ真似してみてくださいね。

次の