マイルス デイビス アルバム。 エレクトリック・マイルスを聴け!ベスト5を選ぶ・「ジャズの帝王と呼ばれた男」の音楽完結編

マイルス・デイヴィスの歴代アルバムを米サイトStereogumがランク付け

マイルス デイビス アルバム

理由は単純で、何度聴いても飽きない作品は、この時期に集中しているからです。 1992年 『ドゥー・バップ』- Doo-Bop 特別賞 グラミー賞 [ ]• 22,202件のビュー• それでもマイルスの足跡はほぼ辿れると信じます。 ビリー・クロス役で出演。 1940年代に セロニアス・モンクが書いた名曲です。 また、マイルスの出す音には、ミストーンというものがないと。

次の

マイルス・デイビス / The Man with the Horn

マイルス デイビス アルバム

当時の人気バンド「ビリー・エクスタイン楽団」がマイルスの地元を訪れた際、トランペット奏者の一人が病気で休場。 1982年 『クールの誕生』- Birth of the Cool• すばらしい芸術品としか言いようがありません。 (ギター)• しかし、音楽性の追求のためにはは関係ないというスタンスを貫き通した。 1969年のデイビスといえば、大作『ビッチェズ・ブリュー』を発表した頃であった。 (ドラム)• これからジャズを聴く人は、この時代のライブアルバムから入ればマイルスの、ジャズのエッセンスをストレートに感じやすいのではないかと思います。 『マイルストーンズ』 - Milestones 1958年• ライオット - Riot(H. 『ユア・アンダー・アレスト』に収録されたマイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」、シンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」も聴かなければならない曲です。

次の

マイルス・デイヴィス

マイルス デイビス アルバム

これだけのスピードで、これほど複雑なフレーズを完璧にリズムにはめて吹けるなんて、信じられない。 『』 - Cookin' 1956年• ジャック・ディジョネット(ドラム)• 1「kind of Blue」 マ・セッションの第2作目。 練習、練習、練習、それだけだ。 1959年代表作の一つ『』を制作。 『マイルス・デイヴィスとは誰か 「ジャズの帝王」を巡る21人』 小川隆夫・共著、、2007年9月• 22mm)。 Bitches Brew 1970 11. 自動巻き(Cal. 『ライヴ・アット・ザ・プラグド・ニッケル』 - Live at the Plugged Nickel 1965年• マイルスが吹いている間は、当然ながらピアノは無しです。

次の

【マイルス・デイビス】なぜ人気? おすすめアルバムは? 知っておきたい5つのポイント

マイルス デイビス アルバム

きちんとコントロールされている。 グラミー殿堂賞 -• では、まず1曲目の「 Dr. この「第一期クインテット」を結成した3年後、彼はアルトサックスの キャノンボール・アダレイをメンバーに迎えて、 セクステット(6人編成)に変更。 ニューヨークに進出したマイルスは、憧れていた チャーリー・パーカーのバンドに加入(1945年)。 と言ってもライブが嫌いな訳ではありません。 ジョンソン、ファッツ・ナバロ、コールマン・ホーキンス・・・。 2014年 『リラクシン』- Relaxin'• g Herbie Hancock-key Chick Corea-el. 3気圧防水。

次の

マイルス・デイヴィス&ロバート・グラスパーのアルバム『Everything's Beautiful』からエリカ・バドゥ参加曲「Maiysha (So Long)」が試聴可

マイルス デイビス アルバム

Bitches Brew Live 1970 5. 1947年 中央 生まれ。 その大部分はブートレグCDです。 キース・ジャレット(キーボード)• しかし実際の所、このセッションは演出上マイルスが吹くときにはモンクに演奏しないよう、マイルスが指示したというだけである。 演奏者は、 マイルス・デイビス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) レッド・ガーランド(p) ポール・チェンバース(b) フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds) 今となっては、凄すぎてありえないと思えるメンバーですね。 爽やかで華やかで軽やかなこっちの方が、私は好きです。

次の

Miles Davis/エッセンシャル・マイルス・デイビス<完全生産限定盤>

マイルス デイビス アルバム

同じところになんかずっといたくない。 1970~80年代に流行したフュージョンは、軽やかなリズムを採用した点では、 ビバップに回帰した部分があったと思います。 Fantasy 8. 1 サイトメニュー• 監督はエミー賞受賞歴のあるスタンリー・ネルソン。 マイルスの音楽はジャズではなくなったかも知れませんが、最後までブラック・ミュージックであったことも分かります。 10インチ 25cm LPオリジナル・アルバム• これが粋なのです、芸術なのです。

次の