お答え でき かね ます。 「致しかねます」の意味と正しい使い方!例文と注意点も解説

「お答えいたしかねます」意味・敬語・メール例文「お応え」との違い

お答え でき かね ます

さらに「承りかねます」の方がより丁寧でより響きは柔らかく聞こえる気がします。 そのため「存じ上げません」よりも「わかりかねます」の方が、より柔らかい表現として使えます。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 などのようにして使います。 例: 「友情のしるしに」 「感謝の気持ちを込めて」 「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。 よろしくお願いいたします。 返答する。

次の

「できかねます」~ 気持ちの悪い日本語

お答え でき かね ます

取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズにしていますのでご参考にどうぞ。 返答を断るための敬語フレーズとして使います。 ・たいへん申し訳ございませんが、企業秘密となりますので返答いたしかねます。 そのため、ビジネスシーンで使う言葉としては「致しかねます」のほうが適切だと言えます。 「私では分かりません」と言いたい時、「私では分かりかねます」だけでなく、「あいにく、私では分かりかねます。 「I'm afraid that... 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。

次の

「できかねます」~ 気持ちの悪い日本語

お答え でき かね ます

例えば、 「我慢しかねる」は「我慢する」+「~かねる」 で、「我慢することができない」という意味になります。 このような観点から、「できません」の敬語として「できかねます」を使うこと自体 は間違いではありませんが、勘違いや誤解が生じるのを避ける為に、別のを使った方が良いという意見もあります。 稀に「できかねます」と伝えた際に「できる可能性がある」と捉えてしまう人がいるのですが、 「できかねます」は「ほぼ不可能(できない)」というニュアンスが含まれていますので、間違わないように要注意です。 「お答え できかねます」というフレーズを使っているビジネスパーソンもいますが… 「お答え できかねます」は間違いです。 「〜かねます」は「できません」などの断定表現に比べると非常に婉曲的です。 もし相手が意味を捉えることができず混乱している様であれば? 「できかねます」「いたしかねます」「承りかねます」に含まれている「~かねます」という敬語の意味が相手を混乱させる可能性があるのならば、この言い回しにあまり慣れていない方の可能性もあります。 他に私どもにお手伝いできることがございましたら、何なりとお申し付けください。

次の

「できかねます」の意味・使い方と例文・代わりに使う敬語表現

お答え でき かね ます

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 つまり、「できかねます」で 「するのが難しい」「できません」という意味になるのです。 そのために必須となる知識がクッション言葉や締めの文言。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 致しかねますは謙譲語として、そのような場面で使用することができます。

次の

「できかねます」~ 気持ちの悪い日本語

お答え でき かね ます

新規クライアントの獲得をスムーズに行うためにも、相手の話をよく聞いて相手の望んでいることをしっかりと把握しましょう。 「できない」と同じように否定形を使ってしまい、「できかねません」となっています。 などです。 また、 「要望にお答えいたしかねます」だと意味は「要望に返答することができない」となります。 マナーを守った適切な使い方を心がけましょう。 「できません」というつもりで「できかねます」と言っても、 「できるかどうか難しいが、できる可能性もある」というニュアンスで捉えてしまう人もいます。 自分ができない、というのであれば、「する」の部分を遜りの表現(謙譲語)「いたす」に直します。

次の

「できかねます」の意味と使い方、断る敬語表現、漢字、類語、英語表現を解説

お答え でき かね ます

そのほか、報道やクレームへの回答や、 自社の実績や方針を述べる際にも用いられる言葉です。 ・ご遠慮申し上げます。 とにかくできないんだよ」と言われてるようです。 ・「いただきますよう」か「いただけますよう」かとそれだけ単独で取り出したのでは,問題の解決になりません。 お急ぎのところご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。 」です。

次の