マルセル ブロイヤー。 マルセル・ブロイヤー

名作家具 「Wassily Chair(ワシリーチェア)」

マルセル ブロイヤー

JIDAデザインミュージアムセレクション• 彼は芸術とテクノロジーの融合を説き、やがて木工工房を任されるまでになった。 《クラブチェア B3》 1927-28年 東京国立近代美術館蔵 ブロイヤーの代表作とされる《クラブチェア B3》,通称「ワシリーチェア」は,1925年,ブロイヤー23歳のときに考案されました。 各ブランドの製品を辛口評価で徹底比較しています。 IDEA Award IDEAデザイン賞• 名前も「クラブチェアB3」という名前が本来のこの椅子の名称です。 当時として画期的な構造がこのカンティレバーです。 こうしたことからスタムとブロイヤーの間で権利の主張がぶつかって裁判に発展したということなのですが、実際にはもっともっと複雑です。 DAIVA - ディーヴァ - DAIVA ディーヴァ とは、Design、Associate、Interior、Valuable、Artistの頭文字です。

次の

【楽天市場】マルセル・ブロイヤー(MarcelBreuer) ワシリーチェアー:TIMUS

マルセル ブロイヤー

営業時間 10:00〜18:00 土日祝祭日は営業しておりませんのでご了承ください。 見た目も美しいので一つは自宅に置いておきたいですね。 この椅子はマルセル・ブロイヤーによって1925年にデザインされました。 第一次世界大戦に敗北したドイツで近代芸術やデザインに対して決定的な影響を残したバウハウスが誕生しました。 そこで裁判となります。 本館は7つのフロアからなり、三方に腕を伸ばした形状をしています。 、の本部の設計依頼はブロイヤーにとって転換点となった(ヨーロッパへの帰還、大プロジェクトへの復帰だけでなく、この仕事で初めてコンクリートを使用した)。

次の

名作家具 「Wassily Chair(ワシリーチェア)」

マルセル ブロイヤー

この裁判後トーネット社はブロイヤーの椅子にスタムのクレジットを入れるようになりました。 この椅子です。 79歳。 現在は米国Knoll社にて正規復刻製造販売されています。 そして曲げ加工したスチールパイプをフレームとして背、座、肘かけはフレームに革を張るだけと言った線と面だけで作られたシンプルかつ無駄のないデザイン、一見不安定なそのフォルムですが、座ると体が浮いているような心地よさが感じられます。 生涯 [ ] 1902年、ので生まれた。 この設計以降は、曲線や彫刻的な表現を多用するようになります。

次の

マルセル・ブロイヤーの名作椅子ワシリーチェアの歴史と説明

マルセル ブロイヤー

彼はKnollで直接働いたことはありませんが、Knollの歴史において欠かすことができない人物です。 このワシリーチェアを含む彼のデザインは、現代の家具業界においても有名なアイコンとして受け継がれています。 数多くの家具デザインを手がけ、1925年、最初のスチールパイプ椅子を生み出す。 ル・コルビジェもそのように言われますが、同時代性がありますね。 激動の中生まれたこの形態は、3年後自身の代表作であるスチールパイプ製の椅子の発明へと繋がっていくことになります。 Fashion Contents• ハッキリしている事実として、今現在もブロイヤーの家具は残っていますがスタムの家具は残っていないということです。 スチールパルプと皮革という線と平面から構成されている優雅なプロポーションは、いまもなお人々を魅了してやみません。

次の

マルセル・ブロイヤー — This Month Artist: Marcel Breuer

マルセル ブロイヤー

また、アルミニウム、ジュラルミンなど、意欲的に様々な素材での制作が試みられています。 ここで今のチェスカチェアが出来上がります。 FIRA Furniture Industry Research Association• 現在正規品はトーネット社とノル社の二つがあります。 「アコーディオン」と呼ばれる建物と、代表団および非政府組織を対象とした立方体の建物で成立しています。 しかし、カンディンスキーがこの完成形デザインを賞賛したため、ブロイヤーはカンディンスキーの個人的な宿舎のために複製を作りました。 それが一般の書籍じゃなくて10年ぐらい前のKnollの店舗用のカタログなんですよ。

次の

Marcel Breuer

マルセル ブロイヤー

彼は自身の家具コレクションをイタリアのデザイン会社 ガヴィーナに売却しました。 進化を続けた複数のバージョンのうち,それぞれタイプの異なる日本国内所蔵の4コレクションが,本展で初めて一堂に会します。 1920年代〜30年代、スチールパイプ製椅子はモダンの最先端のデザインでした。 たっぷりとしたクッションや大仰な布張りのような,それまでの重々しい椅子のイメージを一新したデザインは,人々の注目を集めました。 モダニズムは軽い建築を目指していると説明位されることも多いので違和感がありますが、コルビジェも後期の作品は重々しいものが多いです。 この初期型は、おりたたみバージョンとFIXバージョンの両方で利用できました。 機能性と量産化を追及するデザイン理論で知られバウハウスを代表する建築家のひとりである。

次の

マルセル・ブロイヤーの名作「チェスカチェア」とスタムとの裁判について

マルセル ブロイヤー

さすがに丸写しできないのでここでは書きだしできませんけど。 まさに家具の素材において、新しい境地を開拓した革新的な作品と言えるでしょう。 * 商品のお届けは玄関渡しが原則です。 その後1953年にパリのユネスコ本部の設計が転機となります。 両面張りにして縫製を施したレザーは弾力性と耐久性に優れています。

次の