ホルスト 第 一 組曲。 First Suite for Military Band, Op.28 No.1 (Holst, Gustav)

First Suite for Military Band, Op.28 No.1 (Holst, Gustav)

ホルスト 第 一 組曲

静寂感に伴ったピーンと張った冷たい空気感がないのです。 技術的には、中学校のスクールバンドの子供達でも演奏できるでしょう。 第3楽章「マーチ」のテーマは、前記モチーフの反行音階がもとになっている。 ・どう曲を閉じるのか? さて、この最後のあたり、morendoの指示について少し考えてみましょう。 ホルストは後に合唱曲『6つの民謡によるコラール』作品36のb 1916 にこの組曲中の3曲の民謡を、弦楽合奏曲『セント・ポール組曲』作品29の2 1913 では第4曲をそのまま引用している。 反面、デュトワの録音に共通するシャープさがあります。 水星、翼のある使者 神・・・メルクリウス メルクリウス(マーキュリー)は商人や旅人の守護神である。

次の

吹奏楽マガジン Band Power:スペシャル 富樫哲佳

ホルスト 第 一 組曲

それが、このEから奏される主題の、Esの一音で、一筋の光が見えます。 , The Gustav Holst Website ,• ですから、最初から全てを包括的に記述しようとすると、1楽章の記述が終わった時点で、この曲の大半の説明が終わってしまう、みたいなことになってしまいます。 1st Suite for Military Band in E-Flat Major, Op. これら3つの要素とリズムが入り乱れ、徐々に発展していき、やがて壮大なオーケストラ編成による劇的な完結を迎えるのです。 土星、美しいトロンボーン。 アンサンブルも乱れることなく、安定しています。 すごいオケです。 美しいユーフォニアム。

次の

グスターヴ・ホルスト

ホルスト 第 一 組曲

私見では1 PLAYERで良いと思いますが、広がりが欲しい場合は複数奏者になりますね。 クライマックスもかなりのエネルギーです。 クライマックスの豪華で溢れるような音の洪水。 チェレスタがかなり大きく録られています。 特に表情が豊かなわけでもなく、上手いオケの名人芸が淡々と進んで行きます。 しかし一方で、その 単純で明快、かつ整理された作曲法で書かれたスコアを音楽的に演奏することは至難の技だと思われます。 天王星、冒頭のブラス、ティンパニは気持ち良いです。

次の

First Suite for Military Band, Op.28 No.1 (Holst, Gustav)

ホルスト 第 一 組曲

実際、この伴奏の中で直前と同じフレーズが演奏されることを想像すると、少し違和感を感じます。 オケのメンバーが指揮者に共感している演奏は、集中力が音に現れるもので、一音一音の扱いが丁寧で、音が集まってくる。 第7曲:海王星 - 神秘の神 Neptune, the Mystic. 何百人、何千人という作曲家が応募する作曲コンテストがあったとして、何も条件がなければ、それは当然多種多様な曲が送られてくることでしょう。 早くもホルンの咆哮があります。 ソロも見事ですが、名人芸と録音の良さを聴かされているようで、演奏に没入できません。 ふくよかなホルン。 この項目は、に関連した です。

次の

ホルスト/吹奏楽のための第1組曲、第2組曲

ホルスト 第 一 組曲

カテゴリー• この文章は、例えば輪郭の描き方や、ちょっとした技法なんかについて、皆さんの理解するお手伝いになれば、というものです。 明快に塗り分けられた演出効果はさすがです。 音高は全く同じですが、リズムが変わっている部分があります 85,86小節目、Dの5,6小節目。 少なくとも、僕のイメージだと、何かの生き物 ヒトでもいいですが が死ぬときのように、生きようという意志を持ちながら、苦しみながら死ぬ、という感じではないですね。 天王星、抑えた金管。

次の

First Suite for Military Band, Op.28 No.1 (Holst, Gustav)

ホルスト 第 一 組曲

それほどの曲を、21世紀の今、演奏するのに、佐渡&シエナ以上にふさわしい存在があるだろうか。 中間部はストレートでグイグイと前へ進みます。 トゥッティはかなり抑えていて金管の爆発はありません。 また、この曲ではアンサンブルの乱れも少しあります。 ffの部分でもスッキリクリアな演奏ですが、やはり少し軽い。 ホルスト Gustavus Holst が作曲した 「吹奏楽のための第1組曲」(Suite for Military Band Op. そういえば、ホルストのこのマーチは、日本の童謡によくあるドレミソラドという五音音階 普通のドレミファソラシドの音階から第4音のファと、第7音のシがないので「ヨナ抜き音階」などといいます に似ているところがあるかもしれない感じがしますね。

次の

吹奏楽マガジン Band Power:スペシャル 富樫哲佳

ホルスト 第 一 組曲

明晰で音が立っているので、気持ち良いです。 この曲が書かれたのは、1909年。 中間部は音量を抑えて柔らかい演奏です。 この曲と生活し、あらゆる方法をとおして身につけるべきであろう。 ホルストは1898年に王立音楽院を去っていったん・オペラの奏者および声楽教師の職を得るが 、その後は教職につき、1905年から没するまでロンドン近郊のにある ()の音楽教師の仕事の傍ら作曲活動を行った。

次の

ホルスト/吹奏楽のための第1組曲、第2組曲

ホルスト 第 一 組曲

32】• 天王星、ちょっと拍子抜けしたような冒頭でした。 , The Gustav Holst Website , 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 しかし、ホルストの場合、重要なのは、「楽器編成」を、ほぼ、いま私たちが接している「編成」に近い形で書いたことだろう。 速いテンポで進んでいると思ったら突然のブレーキでテンポが遅くなります。 伊藤康英校訂版スコア 『バンドジャーナル』2010年8月号、10月号、12月号、2012年1月号、3月号、5月号 音楽之友社 外部リンク [ ]• 色彩の変化に富んでいてとても良い演奏です。 ただしさすがにキツイので、トランペットはアシスタントを付けることをお勧めします…。

次の