サンダー 対 スパーズ。 スパーズ対サンダー2 : hoop NBA from New York

[コラム]数字で見るスパーズ対サンダー

サンダー 対 スパーズ

本当に申し分ない活躍を見せている。 802 5. 6 8. 4月10日のミルウォーキー・バックス戦で、ウェストブルックはシーズン34回目のトリプルダブルを記録し、NBAキャリアでのトリプルダブル達成回数が138回に到達し、マジック・ジョンソンを抜いて NBAキャリアでのトリプルダブル達成数ランキングで2位になった。 迎えた2008-09シーズン、序盤こそベンチスタートだったが、11月末にはから先発の座を奪い、以降持ち前の得点力を発揮。 その後も交互に勝ち星を上げて迎えた第五戦、勝った方がカンファレンス決勝に王手を掛ける重要な場面で、残り6. 前年王者のウォリアーズとのカンファレンスファイナル第1戦、ウェストブルックは前半3得点と不発だったが第3クォーターだけで19得点と後半は大活躍。 2018年2月25日閲覧。 5 22. 2パーセントというNBA新記録も樹立したスパーズ スパーズではオルドリッジのほか、ホワイトが23得点5リバウンド8アシスト2スティール、が19得点、が16得点8リバウンド11アシスト、ブリン・フォーブスが14得点8リバウンド、が14得点6アシスト、ダービス・ベルターンスが12得点。 オクラホマシティ・サンダー [ ] ではから全体4位指名を受けた。

次の

スパーズがサンダーを下しウェスト4位に浮上

サンダー 対 スパーズ

6 10. 最初の2戦を落とし、サンダーの不利に思われたが、レギュラーシーズン含め20連勝中だったスパーズを、なんとここから4連勝で下し、一気にNBAファイナルへと進出を決めた。 ウェストブルックの復帰後もサンダーは順調に勝ち星を重ね、最終的には59勝23敗の成績でウェスタン・カンファレンス2位でシーズンを終了。 しかし、相手は歴代最多勝率を記録した王者。 。 見ていて本当に楽しかったよ」と語った。

次の

オルドリッジがキャリアハイの56得点! スパーズが2度の延長となったサンダー戦に勝利(バスケットボールキング)

サンダー 対 スパーズ

10月28日の戦で、12得点 13リバウンド 13アシストを記録し、リーグ史上初の 29チーム全ての対戦でを達成した選手となった。 835 7. キャリア13シーズン目のオルドリッジは、この日フィールドゴール33投中20本、フリースロー16本すべて決める抜群のシュートタッチで56得点、さらに9リバウンド4アシスト4ブロックを積み上げて勝利の立て役者となった。 9 8. 8アシストのトリプル・ダブルだった。 3 8. 2勝2敗で迎えた第5戦、試合残り49. 8 67 67 34. ダンカンがいなくなったスパーズはスプリッターでは全く耐えることが出来ず、サンダーがまた息を吹き返すことになる。 この試合でウェストブルックは、 57得点、13リバウンド、11アシストのハイパフォーマンスを見せ、今季2回目の50-10-10を記録すると共に、 史上初の55得点以上でのトリプルダブルを達成した(これまでの最多得点は、、が記録した53得点)。 彼が成し遂げたこと、記録達成に至るまでの過程は素晴らしい。 845 10. これは30分以上プレイタイムのあるラインナップで最高の数字。

次の

オルドリッジがキャリアハイの56得点! スパーズが2度の延長となったサンダー戦に勝利

サンダー 対 スパーズ

302. 1位はの9試合連続である。 最終的にサンダーは7戦の末に勝利し、セカンドラウンドではと対戦。 4 1. 昨季も今季もね。 11月19日、彼は左足首の捻挫で5試合欠場した後に試合に復帰し、29得点・13アシストを記録したがキングスに117-113でサンダーは敗れた。 615 5. この時期、メディアなどはしばしば彼をのことを「Beast(怪物)」という形容で語っていたが、これは最大級の賛辞と言える。

次の

OKC vs. SAS:サンダーがロードでスパーズに勝利し9連勝!

サンダー 対 スパーズ

サンダーはレギュラーシーズン開幕から2週目にウェストの首位に立ち、4月6日まで首位をキープ。 プレーオフ5試合での平均スタッツは、37. 6得点、4. 4月12日、ホームで行われたとのレギュラーシーズン最終戦では、が試合を観戦し、試合前にはウェストブルックと言葉を交わし、試合中におこなわれた記念式典では、ウェストブルックに対して祝福の言葉を述べた。 736試合での100トリプル・ダブル達成は、 277試合 、 656試合 に次ぐ史上3番目の早さでの達成となった。 の離脱で守備が弱化したサンダーは、最初の2試合を大敗で落とすが、ホームに戻り、イバーカが復帰してから2連勝。 7%のオフェンシブリバウンドをマーク(今プレイオフ全体では3位)。

次の

ラッセル・ウェストブルック

サンダー 対 スパーズ

ファースト・ラウンド、との第2戦。 ちなみに、今季ウェストブルックがトリプルダブルを達成した試合は、33勝9敗である。 彼とは、スパーズの大黒柱であり、この日キャリアハイの56得点をたたき出したオルドリッジのこと。 454. 656 11. 6 2. 343. com 2018年4月27日. オールスターでは、バックボードに頭をぶつける豪快なダンクをみせるなど歴代2位となる41得点を記録し、オールスターMVPに輝き、サンダーはこのまま堅調に行くかと思われた。 普段は、コート上では誰よりも熱く、また、コート外では誰よりも陽気なウェストブルックも、この時ばかりは、涙ぐむ場面も見られた。 298. ESPN. この日オルドリッジが挙げた56得点は、スパーズのフランチャイズ史上3番目のハイスコアとなった。

次の

スパーズ VS サンダー

サンダー 対 スパーズ

試合を終えたホワイトは、『AP』へ「彼が僕らをけん引してくれたんだ。 4 6. 8 Career 98 98 38. NBA. これにより、彼のキャリアの中でも最長となる8試合連続のトリプルダブルであり、1968年にウィルト・チェンバレンが立てたNBA記録である9試合連続でのトリプルダブルに近づいた。 オルドリッジは「チームメイトの士気、集中力を維持させようと努力した」とコメント。 このシーズン、サンダーは45勝37敗。 派手で奇抜なファッションを好み、度々メディアでも取り上げられる。 サンダーがカンファレンス優勝するのか… ポポがアウェイで出るクイを打つのか…. 2得点、5. 」という考え方で生きている。 0 ポジション 背番号 0 身長 191cm 6 ft 3 in 体重 91kg 201 lb ウィングスパン 203cm 6 ft 8 in シューズ 基本情報 本名 Russell Westbrook III 愛称 Russ,Brodie ラテン文字 Russell Westbrook 誕生日 1988-11-12 (31歳) 国 出身地 出身 ドラフト 4位 選手経歴 2008-2019 2019- 受賞歴• 10月28日、と対戦。

次の