かんぽ 生命 ノルマ 廃止。 「会社全体が狂っていた」かんぽ不正、局員が語る後悔の念(西日本新聞)

「ノルマ廃止」の流れの中、営業マンはどう仕事していくのか

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

地域で長年信頼されていた郵便局が顧客をだまし、大げさに言えば、地域を破壊してしまった。 保険販売の仁義とコンプライアンスは組織が教えないと保険を販売する職員から出てくるものではありません。 一連の不正販売問題によって、郵政グループの存在意義が問われている。 私は郵政民営化について一貫して反対してきた。 郵便局でも社員は差をつけることで管理しないと伸びません。

次の

郵政、ノルマ営業見直し 投信不適切販売で社長陳謝 :日本経済新聞

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

一方、民営化後に発足した日本郵政グループ労働組合(JP労組)は現場への過度なノルマを是正しようとしたものの、労使協調路線を取ったため抜本的な改善はできなかった。 契約者は言われるままに郵便局という信用でハンコを押しているのでしょうね。 その名は「The Millennials Shibuya」。 契約獲得が優先した結果、説明不足があったとすれば、かんぽ生命や日本郵政は保険屋として地に落ちたといわざるを得ないところです。 グループのひずみが明らかになった今こそ、会社は原点に立ち戻るべきである。 かんぽ生命保険の不正販売問題が発覚してまもなく1年。 特定事案や深掘調査の対象からは外れるものの、不正の疑いがある契約は多数存在する。

次の

「ノルマ廃止」の流れの中、営業マンはどう仕事していくのか

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

今月末の記者会見で、ノルマの廃止を表明する方針だ。 関与した局員やその上司の処分は今後行われるという。 過去の営業手当の返納を毎月のように求められ、現在の月給は手取りで10万円程度。 企業も、従業員が楽しく働けないようなところは業績が上がらない。 そのはっきりとした答えはまだ見えていない。

次の

「会社全体が狂っていた」かんぽ不正、局員が語る後悔の念|【西日本新聞ニュース】

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

いま、改めてそれが問われているのではないでしょうか」 ノルマのなくなった会社で社員たちはどう頑張りをみせるのか。 顧客に保険料を二重払いさせる極めて悪質な契約だったが、上司は「(旧保険を)1年は解約するな」と率先して指示した。 かんぽの 廃止へ、 不適切販売で は不適切な販売が多数見つかった の について、2019年度の や販売員の を廃止する。 彼らは病弱者を「健常者」としての虚偽の事実を書き込んで、被保険者が亡くなってからおりた保険金を懐に入れてた。 金融、不動産、製造業などで、同様の動きが広がっている。

次の

「ノルマ廃止」の流れの中、営業マンはどう仕事していくのか

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

外食・中食• 元々はまじめな営業マンだった。 与野党ともに郵政グループ内に支持母体を抱えており、民営化によって浮き彫りとなった数々の問題点が国会で厳しく追及されることもなかった。 日本郵便が行っていた不適切な保険販売の問題と、4月に行われたかんぽ生命株式の売り出しが適切に行われていなかったのではないかという問題だ。 それだけに達成できなかった時の対処は厳しく、クビを覚悟しなければならない。 他社保険も営業を当面自粛するため、営業目標もいったん取り下げる方向だ。

次の

ノルマの廃止を検討 かんぽ生命 不適切販売で【ワールドビジネスサテライト(WBS)】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

そもそも「次の保険」が、顧客にとって本当に必要なのか、顧客は本当に次の保険を求めていたのか、顧客にとっての経済的効果(つまり保険乗り替えの損得)を正確に説明して勧誘していたのかどうか、の3点について大いに疑義があり、そもそも保険の販売としてまともな営業行為の範疇に入るものなのかどうかが怪しい。 特定事案や深掘調査の対象からは外れるものの、不正の疑いがある契約は多数存在する。 「郵便局員の訪問から数日後、義母がゆうちょ銀行の口座に記帳したところ、身に覚えのない85万円が振り込まれていた。 営業担当者の間ではこうした会話が日常的に交わされていたという。 ですから正確に表現するとかんぽ生命のノルマではなく日本郵政、郵便局のノルマ至上主義が引き起こした問題であるということです。 これは変わりようがない宿命です。 内部調査ではかんぽ生命の社員から厳しく追及され、犯罪者のように扱われた。

次の

「ノルマ廃止」の流れの中、営業マンはどう仕事していくのか

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

FPにとっても利益相反問題は大きく、FPによる保険の販売をよしとしない人も多くあります。 歴代の経営陣は政府の意向を実現するため、現場に過剰なノルマ主義を導入して収益を上げようとしたが、ここに大きな落とし穴があった。 「ノルマをなくした企業でも、昨年の数字、同僚の数字というものは間違いなく存在しているし、人事評価がある以上、営業マンがそれを意識しないことはあり得ない。 現在は、専用のタブレットにタッチペンでサインする仕組みに移行しているところだ」と説明した。 提供 営業ノルマの配信が働き方にどう影響するか(イメージ) 保険料を二重払いさせるなどの不適切販売問題を起こしたかんぽ生命は「営業ノルマ廃止」に踏み切った。 過去の営業手当の返納を毎月のように求められ、現在の月給は手取りで10万円程度。 しかし、実際に起きたのは利益のみを追求したことによる弊害だ。

次の

「ノルマ廃止」の流れの中、営業マンはどう仕事していくのか

かんぽ 生命 ノルマ 廃止

約30年間、保険営業を担当してきた50代の郵便局員。 当面は不適切な販売で損失を被った顧客対応を優先する。 保険業界で保険営業として生きていくためには、誰かからノルマを課せられるのではなく自分で結果を出して収入を得ていく以外に道はありません。 12年後にはめでたく500万の終身保険が残るというわけです。 約102万通の回答があり、うち3661件で不正の疑いが浮上している。

次の