アアルト スツール。 カフェ アアルト 京都店 (CAFE AALTO)

スツール60 アルテック/artek アルヴァ・アアルト 家具 雑貨 北欧家具talo 正規品

アアルト スツール

5年程度の経過では、白っぽさが薄れ、ややベージュっぽくなったかといったところ。 アアルト自邸の1階スタジオのコーナースペースには、アアルトが仕事をしていたという机がそのまま残されています。 ただし実店舗会員でのポイントとネット会員のポイントは別扱い。 この「L-レッグ」が、スツールやベンチ、テーブルなどの家具になっていき、そして「Y-レッグ」「X-レッグ」と発展。 用意するのはプラスのドライバーだけでOKです。

次の

アルヴァ・アアルトのスツール特集 北欧家具を象徴する名作「スツール60」の魅力やアルテック(Artek)のおすすめを紹介

アアルト スツール

95: ()(James Brooks)• まずは、その3本脚。 そのスツールに合わせるクッション、「妥協してはアールトに申し訳ない」って気持ちがありました。 プレゼントはロングライフデザインであるアルテックのチェアやスツールをお使い頂く足がかりになればいいなと思い作りました。 3本脚ではなく、4本脚です。 それは、やはり白い机であり、北欧モダンのパイオニアとして偉大な建築家となったあとも、アアルトは時折ここで父の姿を見、大きな白い机のことを思い出していたのかもしれません。 北欧家具の象徴ともいえる、名作スツール 20世紀の北欧を代表する建築家・デザイナー、Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)がデザインした「STOOL 60(スツール60)」。 場所を取らずに使えるので、使いたいときだけ置けるので便利です。

次の

スツール60 artek

アアルト スツール

(ちなみに「アールト」はフィンランド語で「波」を意味する)これをさらに押し進めたのがフィンランド館(1937年)、フィンランド館(1939年)のうねる壁面や、マイレア邸での木材の使用であり、同時期にデザインされたアールト・ベースである。 もっと真面目に書いてしまうと、1933年にアールトがこだわって開発したスツール。 アアルトは仕事に煮詰まったとき、苦手な客が来ると、なんと、このはしごを上って慌てて2階に隠れたのだそうです! 2013. update. ちなみに、ガジュマルを入れているプランターは、LAを拠点に活躍するアーティスト、 ピーター・シャイヤーのものでこれもお気に入り。 フィンランドのバーチ材を使用したスツール60は、ミニマルなラインで、 スタッキング可能な機能性を兼ね備えています。 冬は暖炉に火をくべて、体をあたために家族みんなが集まってくる。 出典: 曲木技術は、木材を蒸したり煮沸するなどして柔らかくし、金型にあてはめて乾燥させることで曲線を持った形に加工する技術。

次の

必見!スコープがアルテックに別注したアアルト・スツール60!│とりあえず家具

アアルト スツール

人の生活を中心に考えられた建築・家具・照明器具・ガラス器など自然なフォルムでどんな空間でも調和するデザインで幅広く活躍しました。 フラワースタンドとして、観葉植物の個性を引き立たせるおしゃれな魅せ方ができます。 組み立てた状態で発送をさせていただきます。 一見あまりにも普通すぎて はじめはそんなに気になる存在では なかったけれど興味が出てきたのは、 フィンランドに行く機会ができてからかな? スツール60は一度気になりだすと カフェやショップなどフィンランドの 街中あちこちで見かけることに気が付きます。 木の脚に櫛のようなスリットを入れ、薄い木片ラメラを挟み込み、接着し、曲げ加工を行って乾燥させた後、やすりで表面をなめらかに仕上げる「Lレッグ」。 今回、日本とフィンランド外交樹立100周年を記念して「スツール60 藍染」も限定数販売です。

次の

Artek スツール60/E60 66チェア 69チェア専用オリジナルシートパット

アアルト スツール

。 収納場所がなくても、美しくスタッキングすることができるスツール60なら、部屋のどこにおいても違和感を感じません。 父は測量技師で、幼い頃のアアルトはよく、父のオフィスにある大きな白い机で遊んでいたといいます。 からはドイツ軍により破壊されたの町、の復興に都市計画段階から携わり 、多目的ホール、図書館、市庁舎、教会、住宅の設計を手がけた。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 それが私には嬉しい。 1933年11月にロンドンで開催された"Wood Only"展覧会で発表されて人気を博し、1935年にアアルトが設計したヴィープリ図書館にはじめて設置されました。

次の

スツール 60(アルテック/Artek)

アアルト スツール

だからこそ、デザインや機能性はもちろん、愛着がわくほど長く使える丈夫なものを選んでいただきたいもの。 他に、プラスのネジが9つあるのみ。 フィンランド伝統の挽き曲げ技法を応用したもので、強度があり狂いが少ないので、テーブルの脚にも使われています。 1933年に2人の子供を連れて、トゥルクから首都ヘルシンキへ移り住んだアアルト夫妻が、ふたりで設計し、1936年につくり上げた理想の家アアルトハウス。 商品ご購入後、当店からのメールを必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。 82: ()(Heinrich von Ferstel)• 105,000円+10,500円(税) 148,000円+14,800円(税) 48,000円+4,800円(税) 42,000円+4,200円(税) 86,000円+8,600円(税) 80,000円+8,000円(税) 55,000円+5,500円(税) 60,000円+6,000円(税) 30,000円+3,000円(税) 52,000円+5,200円(税) 300,000円+30,000円(税) 300,000円+30,000円(税) 30,000円+3,000円(税) 33,000円+3,300円(税) 47,000円+4,700円(税) 44,000円+4,400円(税) 80,000円+8,000円(税) 120,000円+12,000円(税) 270,000円+27,000円(税) 138,000円+13,800円(税) 24,750円+2,475円(税) 68,000円+6,800円(税) 57,750円+5,775円(税) 18,000円+1,800円(税) 17,600円+1,760円(税) 52,500円+5,250円(税) 14,000円+1,400円(税) 15,200円+1,520円(税). 使ったウレタンは「高反発」です。

次の

アルヴァ・アールト

アアルト スツール

アアルト夫妻がつくり、育んだのは、自分たちの家と庭だけではありません。 設立者の一人であるAlvar Aalto(アルヴァ・アアルト)が生み出したこのスツールは、発売以来800万脚以上を売上げている、ロングセラー商品です。 いくつか揃えたくなるのも、長く使うことで味わいが増してより愛しくなるアイテムだから。 スツールE60は脚が4本。 「自然の有機的な地形を把握すること」「自然との調和を心がけること」アアルトが父の白い机の上で学んだことは計り知れません。 これって「っぽい物」からは決して 得られないことですよね。

次の