アーティファクト ムーブメント。 アーティファクト先史遺産

アーティファクトの採用について

アーティファクト ムーブメント

《呪眼の使徒サリエル》をデッキから引くためにデッキ枚数は40枚に抑えておきたいので枠を捻出することができませんでした。 また、このカードが相手によって破壊された場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。 この効果は1ターンに1度しか適用できない。 。 片方だけでは穴が残りますが《アーティファクト-ダグザ》《アーティファクト・ムーブメント》等で両方揃えることが出来れば1ターン鉄壁で耐えることが出来ます。 「1:《アーティファクト・ムーブメント》 A 」「2:《アーティファクト・ムーブメント》 B 」とできますか? A:できます。 自分の魔法&罠ゾーンのカードを全て破壊する。

次の

遊戯王カードWiki

アーティファクト ムーブメント

トロイメア・フェニックス• テラ・フォーミング• 自分フィールド上に「フォトントークン」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚できる。 -- 名無しさん 2016-01-12 01:20:04• 相手によって破壊されると1枚ドローの機会が得られますが【アーティファクト】の伏せカードを破壊してくることは殆どないでしょう。 そのカードを手札に加える。 【命削りAF呪眼】 モンスター 10枚• このカードをデッキから手札に加える方法こそありませんが《アーティファクト-デスサイズ》を特殊召喚することで相手の初動を潰したり《アーティファクト-ベガルタ》でセットカードを起動させたりできるため、再利用してでも使い倒したいカードです。 自身をリリースすることでデッキから「マドルチェ」1体を特殊召喚できるモンスター このカードを起点にすることで《マドルチェ・ホーットケーキ》の効果を即座に使うことができます。

次の

これだけは押さえておきたい「エクシーズ召喚系」出張セット6選

アーティファクト ムーブメント

通常のドローで引いた場合、公開し続けることで「No. ただし除去とセットが同時なのでデッキのアーティファクトが枯渇するとサイクロンとしても使えないのは注意。 魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。 3 :このカードの 2 の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。 2番目の手札交換効果は手札事故軽減として使うことになりますが、これに チェーンして《神殿を守る者》を特殊召喚することで相手のみ全ハンデスというなかなかにえげつないコンボが可能となります。 デッキにおけるキーカードとなる《アーティファクト・ムーブメント》《アーティファクトの神智》は有効なサーチ札がないためドロー加速しながら引き込みたいですね。

次の

アーティファクト先史遺産

アーティファクト ムーブメント

上級モンスターである「アーティファクト」で気軽にエクシーズ召喚できるのは嬉しいですが、先程述べた《フォトン・サンクチュアリ》から簡単にリンク召喚できるのもさらに嬉しい。 2枚以上がされた場合でもこのは累積せず、できるのは1度ののみである。 選択したモンスターをゲームから除外し、デッキから「マドルチェ・ホーットケーキ」以外の「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 相手ターン中の特殊召喚成功時に自分のセットカードを2枚まで破壊することができ、これでセットしていた他の「アーティファクト」を起動させるのが主な役割となります。 デッキから《呪眼の使徒サリエル》をはじめとした呪眼モンスターをサーチできるので、3枚必須だと思います。 相手ターン中に特殊召喚した場合、そのターンのEXデッキからの特殊召喚を封じるモンスター 相手だけ封じることができるため、一方的な妨害として役立ちます。

次の

アーティファクト・ムーブメント【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

アーティファクト ムーブメント

第8期カテゴリの強化カードが多かった中、その弾のカードだけでデッキの大元が組める【アーティファクト】は私にとって初めてのテーマデッキでした。 もしあなたが《無限泡影》といったカードを採用していて、それを意図しないタイミングで狙われた時にはこのカードが役に立ちます。 効果でデッキから《E・HERO シャドー・ミスト》を墓地へ送り、デッキから《D-HERO ディアボリックガイ》を手札に加える。 相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選んで破壊できる。 チェーンは後から発動したものを先に処理するので、 後からチェーンした効果を先に適用し、 次にアーティファクト・ムーブメントの効果処理を行います。 このカードのメリットとしては、奪ったモンスターが呪眼モンスターになるので、《セレンの呪眼》を装備できたり、各種呪眼魔法・罠カードの発動条件になれることです。 1 :装備モンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。

次の

アーティファクト・ムーブメントの情報・買取価格等をピックアップ!

アーティファクト ムーブメント

アーティファクトのサイクロンですが、カテゴリ専用にした事でいろいろオマケが付いている。 アーティファクト・ムーブメントには 「破壊し、セットする」という順番で書かれているので 先に書かれている「破壊」を行えない場合は、 後に書かれた「セットする」処理も行えない。 エクシーズ召喚したランク4の効果と合わせて複数のカードを除去することができるため、切り返しにも長けています。 相手によって破壊された場合に次の相手のバトルフェイズをスキップする効果も持っているため、このカードが相手のカードの効果によって破壊される際にチェーン発動することで、単体破壊効果を活かしながら次の相手のバトルフェイズのスキップを行えます。 発動制限がないため、1ターンに何度でも特殊召喚できる点が魅力です。 次の相手バトルフェイズをスキップする。 表側表示で存在する限り、相手は他の自分のモンスターに攻撃できないモンスター フィールド上から墓地へ送られた時、デッキ・墓地から「ガエル」1体を手札に加えることができます。

次の

アーティファクトの採用について

アーティファクト ムーブメント

デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 相手ターン中の特殊召喚時に墓地の「アーティファクト」を再利用することが出来ます。 そのカードを墓地に戻す。 なので、妨害されてもこのカードと墓地に呪眼魔法・罠カードがあれば、セレンの呪眼を間接サーチまでつなげることができます。 更に、このがされる時にしてこのをすれば、前半のと後半のを両方使用でき、大幅なが得られる。 そのモンスターを手札に加える。 《デッドリーガイ》と《ディアボリックガイ》で任意のランク6をエクシーズ召喚 《ディアボリックガイ》が1体残るので後の展開に使うなどあますことなく使いたいところ。

次の

アーティファクト・ムーブメント【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

アーティファクト ムーブメント

-- 名無しさん 2016-04-06 16:00:22• 自分の魔法&罠ゾーンに「セレンの呪眼」が存在する場合、 代わりにデッキから「呪眼」モンスター1体を特殊召喚する事もできる。 登場時のレアリティはレアで、現在再録はされていません。 《大捕り物》を優先的に採用しましょう。 そのモンスターのコントロールを得る。 そのための オネストはナシなんでしょうか -- 名無しさん 2016-03-03 03:39:08• 1 :攻撃力2600以上のモンスターを素材としてリンク召喚したこのカードは 1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 1枚をしての1体をにする、に場合にのをするを持つ。

次の