アジサイ 剪定。 アジサイの剪定にはコツがある!剪定に適した時期や方法を詳しく解説|生活110番ニュース

【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

アジサイ 剪定

また、最近よく目にするカシワバアジサイは、セイヨウアジサイを改良したもので、セイヨウアジサイ自体は、ガクアジサイがイギリスなどで品種改良されて逆輸入されたものです。 アジサイは花芽ができる時期に、 しっかりと伸びている枝の先に花芽が付くという性質があります。 そこで、アジサイの剪定の仕方をお話ししたいと思います。 1章でも説明をした通り、アジサイは花のつき方に特徴があります。 注意 葉の付近にぽっこりとしたものができていたら、それは芽です。 花が咲いていない枝は、剪定しなくてもよいようですが、背が高い枝は同じように2節ぐらい下で切りました。

次の

アジサイ剪定方法まとめ!正しい時期と切り方をおさえて上手に増やそう!

アジサイ 剪定

しかし剪定する時期や場所を間違えると、花が咲かないことがあるため注意しましょう。 アジサイの花は枯れてしまっても、それなりの形をしてキレイなものですから、切り落とすのは忍びないもの。 そのため、剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的にアジサイの栽培が楽しめますよ。 <3、4の枝に咲いたアジサイ> でもテープのすぐ上に、花が咲いていたのではありません。 時間と共に色合いが変化する様子から七変化と呼ばれるようになったようです。 花後の剪定は、惜しいのですが7月下旬までに行います。 木化するほどに成長してしまうと、枝が混みあって風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。

次の

アジサイの剪定は年2回!正しい方法で毎年綺麗な花を咲かせましょ♪|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

アジサイ 剪定

アジサイは、11月ごろになったら落葉期を迎えます。 剪定ハサミ まあこれ以外に必要なものがあっても困りますからね。 剪定に適している時期は、花が咲き終わってから7月中旬ごろまでです。 アジサイの剪定は、気遣うととても見事に咲きます アジサイの見栄えを良くし、翌年の開花を促し、 そして大きくなりがちな木をコンパクトにするためにも、 アジサイの剪定は、とても大切な役割をします。 剪定でコンパクトに保つ アジサイは、剪定を行って樹形を保ち、花付きをよくします。 花を毎年咲かせるために出来れば7月中。 放置していても、今年花が咲かなかった枝に花芽が付き、翌年花が咲きます。

次の

カシワバアジサイを強剪定する方法・大きくなりすぎた|お庭ブログ

アジサイ 剪定

ヤマアジサイには小型の種類が多く、花の形も多彩なので、 スペースに合わせた好みの種類を見つけて育てることができます。 私はこの方法で、庭をアジサイ園にしました。 芽には 花芽と 葉芽があるようです。 そこで今年は、淡い青色のセイヨウアジサイを株元から20cmあたりで、バッサリと剪定しました。 剪定の「仕方」も花後すぐなら3節目の上で切りましょう。 その緑の山に花を咲かせるのですが、その花の色は 土性によって色が変わることをご存知の方は多いと思います。

次の

アジサイの剪定時期と方法に気を使ったら、やっぱり花付きが良かった話

アジサイ 剪定

毎年花を楽しみたい場合は、剪定方法を少し工夫しましょう。 花の色が移ろうことから、かつては主人の浮気を心配してアジサイを敬遠する家もあったそうです。 また、カシワバアジサイは通常のアジサイと違って手を入れなければこんもりとした樹形になりません。 1月から2月に寒肥とし緩効性の化成肥料、追肥は特に必要ありません。 以前に強剪定をしたなら、3年は間をあけてください。 そんなときは基本剪定でボリュームを減らしつつ、さらに1〜2節分を短く切り落としてください。

次の

アジサイ剪定方法まとめ!正しい時期と切り方をおさえて上手に増やそう!

アジサイ 剪定

寒さに当たると落葉し、冬は枝だけになります。 強剪定をする 毎年花後の剪定を行っていても、アジサイは大きくなってしまいます。 剪定と聞いて難しいと思うかもしれませんが、ご安心くださいね。 ちょっとしたポイントをおさえれば、気軽にアジサイを楽しむことができるかもしれません。 カシワバアジサイは花の時期が長いのが特徴です しかし、適切な時期に剪定を行わないと、翌年の花を楽しむことができません。 et Zucc. 別名「七変化」とも言われるアジサイですが、花の色は薄い青紫を中心として、土壌の酸性が強ければ青系に、アルカリ性が強ければ赤系に傾くとされています。

次の

アジサイ(紫陽花)の剪定|花後が大事!目的によって方法も違う?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

アジサイ 剪定

ただし「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけるため、春までに剪定をすればOKです。 休眠期の剪定の目的とメリット 大きくなったアジサイに施す剪定です。必須ではありませんが、枯れた枝や混み合った枝を整理することで、すっきりとした姿になり、葉が展開したときの日当たりを改善し、蒸れにくくするメリットもあります。次年の花芽を切らないように注意しましょう。 剪定しなければ、アジサイの花は落ちずに、そのまま付いています。 一度樹形が整ったら、それ以降は花後の剪定と休眠期の剪定を行うだけで充分です。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 葉っぱが枯れ落ちた冬の時期が適期です。 アジサイの話 雑談みたいなものだと思って下さい。

次の

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

アジサイ 剪定

思い切って切り戻しても1~2週間で新梢が生えてきます。 アジサイの花は自然に散ることがありません。 それでも花を咲かすのは花後そのままの状態で、花がやがて枯れて、1節目で花が折れて、そして花芽がすでにできている、という状態だからです。 前章でお話ししたように、今年伸びた枝か、葉案を咲かせた枝の頂点から2~3節目のワキ目が9月~10月上旬に花芽となります。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。

次の