インテル 対 バルセロナ。 インテルミラノ対バルセロナ

インテル、屈辱的敗戦の原因は? “1.5軍”のバルセロナに力負け、そこに見られた実力の差【欧州CL】(フットボールチャンネル)

インテル 対 バルセロナ

60分にはトディボに競り勝った背番号9がロングボールを収めると、GKネトと1対1に。 マイコンの前に入ったとき、絶好のチャンスが何度か訪れていた。 後半13分 選手交代、グリーズマン(17)がアウト、デンベレ(11)がイン 後半21分 後半21分 選手交代、アレクシス・サンチェス(7)がアウト、ガリアルディーニ(5)がイン 後半26分 選手交代、カンドレヴァ(87)がアウト、ダンブロージオ(33)がイン 黄ビダル(22)が警告を受ける 後半31分 後半32分 黄アレクシス・サンチェス(7)が警告を受ける 後半34分 選手交代、センシ(12)がアウト、ポリタノ(16)がイン ゴール!!!スアレス(9)がゴールを決める。 結果、2人に張りつかれた小柄なアルゼンチン人はほとんどの時間で試合から消されてしまう。 そこまでの流れ自体も決して悪くなかったのでなおさらだ。

次の

インテル、屈辱的敗戦の原因は? “1.5軍”のバルセロナに力負け、そこに見られた実力の差【欧州CL】

インテル 対 バルセロナ

勝ち方を知っているバルセロナの方が、単純な実力で上回っていたということだ。 ここはエールディビジ覇者のPSVと、トッテナム・ホットスパーが同居する「死の組」だが、この試合で勝利を手にしたチームは決勝トーナメント進出が大きく近づくという一戦だ。 これが相手選手に当たってゴール右隅に突き刺さった。 ボールホルダーに対するアプローチは前半よりも素早くなった印象があり、全体で強度を高く保ちながらアウェイチームに対応した。 さらにルカク、L・マルティネスの両者がバルセロナの選手複数人に囲まれ潰されるといったシーンも増えるようになるなど、攻撃陣がやや空回り。 主力を温存した1. そしてその中の1本で、ピケにゴールを決められた。

次の

【欧州CL】インテル対バルセロナ戦の動画をネット中継で無料視聴 | スポーツネット中継動画の森

インテル 対 バルセロナ

60分、ボルハからのフィードをルカクが収めて角度のないところからシュート。 T・モッタの手が顔に当たったときの彼のリアクションで、彼の起用は成功だったと言うことはできない。 しかし、幾度となくバルセロナのゴール前に侵入したが、いずれもゴールには結びつかなかった。 主に左ウィングを務めてきたペドロを右サイドに回して、メッシを最初から中央に据える4-2-3-1を採用していた。 インテルが放ったシュートは1本で、それも枠を外れたシュートだった。

次の

【CL2018

インテル 対 バルセロナ

ブンデス [6月21日 8:47]• 試合2日前の午後にバルセロナを出発し、バスで1000km以上の道のりを約8時間かけて移動してニースに投宿。 スペイン [6月27日 18:14]• よって、同クラブは最終節のバルセロナ戦で勝利すれば決勝トーナメント行きが確定。 メッシに対する傑出したパフォーマンスは、数十年後、彼の孫に見せる価値のあるものだろう。 インテルゴールからボールを遠ざける仕事を助け、5人目、6人目のDFとなった。 ロングボールを収める能力は両者ともに非常に高く、そこからシュートまで持ち運べるのは魅力的であるが、単純なグラウンダーのパスを足元に収めた際、2列目の選手のカバーが少し間に合っていない印象が強い。

次の

【CL2018

インテル 対 バルセロナ

セリエA [6月23日 8:47]• 右に流れたラウタロ・マルティネスが受けて中へ。 そうなるとボールは相手のDFに弾かれやすくなるのだが、この日のアルゼンチン人FWにはそうしたボールが面白い様に収まる。 一方、最終節を待たずしてグループ首位通過を決めたバルセロナはFWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスら複数の主力選手を温存。 ブンデス [6月21日 7:56]• インテルの本拠地サン・シーロで行われた1stレグは、近年のCLで屈指の名勝負となった。 5 90分間、押し込まれ続けたチームをリードしたキャプテンは、またもハイパフォーマンスを見せた。 スペイン [6月26日 10:36]• ボールを奪って縦に、というのは今季のインテルの特徴でもあるが、どうにもここのパスがズレる。 チームというのはアイディアのパズルなんだよ」 相手のキーマンを潰す守備、ボールを奪ってからゴールに向かうまでのプランニング、カウンターの精度、そして与えられた策を経験豊富で成熟した選手たちが忠実にこなす。

次の

インテル対バルセロナ【予想とオッズ】 • ベッティングトップ10

インテル 対 バルセロナ

17歳の決勝弾に沈む 後半は逆転を狙うインテルペースで試合が進んだ。 セリエA [6月25日 12:42]• 常に光と影のような関係だったグアルディオラとモウリーニョ。 ルカクはトラップからシュート。 これはDFディエゴ・ゴディンがなんとか足先で弾いたが、こぼれ球をC・ペレスがプッシュ。 9分、アレニャのバックパスをレシーノがカットして持ち上がり、右前方のルカクへ。 グアルディオラとの確執が騒がれたカメルーン代表FWは、マクスウェルの寄せが甘いと見るやワンタッチでゴール前にグラウンダーの速いパスを入れた。 しかし、ボールを持った場面では、普段通りの落ち着いた活躍を見せていた。

次の

肝はメッシ専用監獄。モウリーニョvsペップは壮大な哲学の衝突。バルセロナを破ったインテルのパズル【09/10CL準決勝1stレグ】

インテル 対 バルセロナ

L・マルティネスは身長174cmと決して大柄なタイプではないが、とにかく空間認知力に優れている。 こうなると、少しバルセロナの選手に余裕を与えてしまう。 今節は、 エースのリオネル・メッシが負傷から復帰することが予想されるが、敵地での大一番で大仕事をやってのけるだろうか…。 0 アルゼンチン人DFが、またもヒーロー級の活躍を見せた。 プレミア [6月27日 7:37]• バルサを陥れるための罠 ボールを握ってインテルを押し込むバルサは19分、シャビの絶妙なスルーパスで左サイドを破ったマクスウェルが深くまで侵入し、マイナスの折り返しを逆サイドからペナルティエリアに入っていたペドロに合わせて先制する。 ただ、序盤に引き金を引くチャンスが2度あった。

次の