重厚 長大 と は。 ジュウコウ チョウダイ【重厚長大】の例文集・使い方辞典

重厚長大

重厚 長大 と は

経緯 [ ] この言葉が生まれたのは、に起因するの終焉期である。 重厚長大産業というのは、その漢字が示すとおり、鉄鋼、造船、プラントなど大きくて重いものを製造する産業のことをいいます。 そのような動きが生産者側に反映されたとき、その産業が重厚長大から軽薄短小に転換することとなる。 しかし、21世紀初頭には長年停滞していた重厚長大産業も中国経済の旺盛な設備投資により復権した。 ここまで読むとここまで笑いがこみ上げてくる(おもしろいのではなく、興奮で)。

次の

始まりは『重厚長大』で徐々に『軽薄短小』になりながら『高付加価値』を求めていく

重厚 長大 と は

臨海部は堺泉北港および堺泉北臨海工業地帯の中核をなす石津地先の埋立地が広がっており、工業地の割合が比較的高い。 … 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』 より引用• 誤用に近いが、現代においては、単純に小分けパックや、量を減らした製品なども軽薄短小として紹介されることも多い。 より、「重厚さや長くて大きいものが尊重されたのは高度成長時代のこと。 そのような動きが生産者側にフィードバックされたとき、その産業が重厚長大から軽薄短小に転換することとなる。 ローライ自身もプログラム式の自動露出を装備して簡単撮影を実現した新シリーズのローライマジックを開発したが、コンパクトカメラの出現により販売は不振に終わった。

次の

「重厚長大→軽薄分散ベクタリングコントロール?」セブン,3のブログ | ~ジュリ & Nボ~

重厚 長大 と は

このような本はもはや、 中古本より綺麗 とは言い切れません。 しかし、1973年のオイルショック後は上記の重厚長大産業は勢力を弱め、代わりに自動車、電化製品、コンピュータなどの軽薄短小産業が急成長し、輸出品目の主役に躍り出た。 4編からなる短編集。 軽薄短小産業というのも漢字の通り、半導体、製薬など軽くて小さいものを製造する産業のことです。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 racmsora3399 皆さんは中古本を買うことをどう思いますか? 「安く買えるからいいじゃん」「作家さんへのお布施として新品を買う」「本屋で見つからない古い作品なら中古かな」など、いろんな意見を友人から聞いたり、ネットで見たらします。 これらのうちどの指標に注目すべきかは業種によって異なる。

次の

「重厚長大の2大巨頭」日本製鉄、三菱重工が苦境に【週間ニュースまとめ2月3日~9日】

重厚 長大 と は

重厚長大と軽薄短小 [編集 ] 産業として重厚長大にならざるを得ない部門もあるが、ある時点から、消費者は肥大化した機能をそのままに外形の縮小化を求めるようになったり、機能を取捨選択したりすることにより、長大化を抑制して効率性や需給バランスの最適化を望むようになる。 返品された本の中で別の本屋に回すことがあると書きましたが、陳列している間に汚れた、運搬時に汚れた、陽が当たって変色した、などした小口を削ります。 この為、米国は欧州と東アジアにおいて、積極的に友好国に海外基地を設けて、駐留米軍を前方展開させ続けた。 ともに明治時代から日本の国造りをリードしてきました。 本来この作品は<>シリーズの第3巻として角川スニーカー出す予定だったらしい。 ヘルメットと安全靴を身につけて真っ赤に熱せられたコークスが二十四時間体制で出て来るのを見ていると、製造業こそ男の職場と独特の感動を覚えたものだ。

次の

重厚長大とは

重厚 長大 と は

では、その返品された本はどこに行くのでしょうか? 裁断されての資源となることもあります。 イノベーションがもたらすパラダイムシフトも、それらが産み出すコンテンツも賞味期限を縮めながら一定のサイクルで、初期段階では「重厚長大」に展開し、そこから徐々に「軽薄短小」化が始まり、「軽薄短小」でありながらも「高付加価値」を求めてシフトしていくだろう。 現実を知っている私は小説の中の彼らと違って結末を知っている。 一九八〇年のマンザイ・ブームをきっかけにして、テレビはお笑いの時代に入った。 だけれども、流石売れない作家である主人公が言うのだから(作者にそういう体験があるのだろうか?)説得力があって、本当にいらつくけれど、続きが読みたくなる小説だった。 ただし、1980年代以降鉄鋼産業をはじめとした日本の産業は、高製品に軸足を移し、また中国を中心としたアジア各国の経済発展に伴いアジア諸国への輸出もふえて、の原動力の一つとなった。

次の

重厚長大からライトノベルへ

重厚 長大 と は

などしてくださる(、)。 が、その中に 「中古本は他人が触っていて嫌だから新品を買う」 という意見を聞きます。 そして幽霊騒ぎやでの毒殺未遂などさまざまな騒動に巻き込まれていく ミステリーということで購入。 日本海側でも有数の国際貿易港の舞鶴港を中心に重厚長大産業から成る。 誤用に近いが、現代においては、単純に小分けパックや、量を減らした製品なども軽薄短小として紹介されることも多い。 この何とも言えない表紙や、(まさかの)から出版されるとか、作者が野﨑まどとか(ぉ)いう理由でこの本がをまともにノベライズしているとは思ってなかったけれど、それでもなかなかぶっ飛んでいた。

次の