栃木 県 学校 休校。 栃木県 緊急時暫定版トップページ

栃木県小学校の廃校一覧

栃木 県 学校 休校

真岡市立中村南小学校(同上)• 都賀町立富張小学校(1980年木村小と統合し〈当時:都賀町立〉へ)• 真岡市立東沼小学校(同上)• 予定していた入学式は中学校が23日に、小学校を24日に繰り延べた。 栃木市立栃木第二小学校(2010年栃木一小と統合し栃木中央小へ)• 県立高校入試は予定通りの日程で行う。 5、6日の県立高校入試は予定通り実施する。 鹿沼市立引田小学校(同上)• 鹿沼市立東大芦中学校(1970年西中へ統合され東大芦教室となり、1971年廃止)• 539名の学生が入学し、これから2年間、地域活動の実施に向け、様々な学習に取り組んでいきます。 寺尾村立寺尾中央小学校星野分校(1965年) 佐野市 [ ]• 田沼町立飛駒中学校(同上)• 足尾町立足尾小学校横根山分校(1974年)• 足利市は4月13日から週1回、1時間程度の分散登校を続けてきた。 小山市立絹中学校(2017年福良小、梁小、延島小と統合しへ)• 今市市立瀬尾小学校(1958年今市市立今市小学校分校〈現:〉開校に伴い廃校)• 御厨町立御厨中学校(1948年〈当時:御厨町・梁田村組合立〉新設のため廃校)• 矢板市立矢板小学校土屋分校• 那須烏山市立境小学校〈旧〉(2008年東小と統合し〈新〉へ)• 足尾町立第一中学校(1953年統合により〈当時:足尾町立〉へ)• 馬頭町立矢又小学校(2001年馬頭小へ統合)• 大田原市は、児童生徒や教職員に感染者が出た場合に当該の学校のみ休校とする従来方針を転換し、市内で感染者が出た場合、一時的に市内全小中学校を一斉休校とすることを決めた。

次の

栃木県 緊急時暫定版トップページ

栃木 県 学校 休校

高根沢町立桑窪小学校(同上)• (2014年寺尾南小と統合しへ)• 那珂川町立武茂小学校(2008年へ統合)• その後、週1日程度の分散登校を始めて、25日から2日に増やす予定。 茂木町立河又小学校(同上)• 25市町にも同じ対応を求め、6月以降は分散登校から通常登校に戻す。 市貝町立市塙小学校石下分校• 鹿沼市立下沢小学校(同上)• これまで県内で確認された感染者は58人で、39人が退院。 足利市立大橋小学校(2000年相生小の一部と統合しへ)• 町長をはじめ、よく決断したなと思う。 烏山町立大桶小学校(1972年統合により七合小へ)• 都賀町立木村小学校(1980年富張小と統合し赤津小へ)• 足尾町立本山小学校(2005年足尾小へ統合)• (2017年黒田原中と統合し那須中央中へ)• 益子町立田野小学校小泉分校(1987年)• 日光市立川俣小学校(2010年へ統合)• 日光市立小来川小学校滝ヶ原分校(1963年)• 小山市立穂積中学校(1964年中中と統合し美田中へ)• 那須町立那須中学校〈旧〉(2015年高久中と統合し〈新〉へ)• 那須町立伊王野小学校(同上)• 南那須町立荒川小学校〈旧〉(1974年統合により〈当時:南那須町立〉へ)• 足利市立柳原小学校(2000年東小の一部と統合しけやき小へ)• 宇都宮市も「段階的に学校に慣れさせ再開したい」として、分散登校の検討に入った。 市町立学校や私立学校にも同様の対応を求めた。 古口町長は政府の休校要請について「『子どもを守る』という目的は首相と同じ。

次の

小中再休校、栃木県内19市町に 新型コロナ「緊急事態」で相次ぎ転換|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木 県 学校 休校

足尾町立小滝小学校(1955年原小学校小滝分校となり、1956年廃校)• 矢板市立泉小学校山田分校(1975年として独立)• 二宮町立長沼北小学校(2008年長沼南小と統合し〈当時:二宮町立〉へ)• 壬生町立稲葉中学校(1981年壬生中〈旧〉と統合し壬生中〈新〉へ) 塩谷郡 [ ]• 那須町立芦野小学校(2016年統合によりへ)• 馬頭町立小口小学校(2001年小砂小と統合し馬頭西小へ)• 教室では1~2メートルの距離を空けて座席を設け、密閉状態や身体的接触をともなう行為など感染の危険性がある活動はしない。 河内町立田原小学校南分校(1970年9月1日) 足利市 [ ]• 粟野町立粟野第三小学校 1992年粟野第二小へ統合)• (周辺市立近隣小学校と統合によりあそ野学園義務教育学校に発展的改組し、2020年閉校)• 足利市立北郷中学校(1983年新設のため廃校)• 宇都宮市立富屋中学校(1970年篠井中と統合し晃陽中へ) 足利市 [ ]• 上河内村立小倉小学校芦沼分校(1972年)• 那須町立朝日小学校(2016年大島小と統合し学びの森小へ)• 入学式は、10月2日(水)に宇都宮市文化会館大ホールで行います。 感染防止対策の協力依頼• 那須塩原市立寺子小学校(1873年に創立し 、2015年に閉校してへ統合された。 石橋町立上古山小学校(1969年下古山小と統合し〈当時:石橋町立〉へ)• 高校と中学校のほか、特別支援学校など15校へも同様に通知。 那珂川町立健武小学校(同上)• 中央校学生自治会長からのコメント 中央校では『出会い、触れ合い、学び合い、この一瞬を楽しもう!』を今年のテーマに、 8月 2日と 3日にとちぎ健康の森で、作品展示や専門学科の紹介、チャリテイーバザー、講堂でのライブコンサートなどを行い、 7日には栃木県教育会館で演芸会を盛大に行いました。 これまでにクラスターが発生した施設や「3つの密」のある場所(感染防止対策の徹底されていない施設)への 外出の機会を極力減らすとともに、仮に外出の機会があったとしても、 感染防止策(人と人との距離を保つこと、マスクの着用、手指の消毒等)を徹底することを依頼 【対象】 (~5月31日)接待を伴う飲食業、ライブハウス、バー、カラオケ、スポーツジム等の屋内運動施設等 (~6月18日)接待を伴う飲食業、ライブハウス等• 県内で唯一、春休み前も通常通り授業を行った茂木町のほか市貝、那珂川町は9日にも判断する予定だ。 馬頭町立松野小学校(1968年富山小と統合し武茂小へ)• 氏家町立上阿久津小学校(1978年〈当時:氏家町立〉開校に伴い廃校)• 町は2月28日、町立小中学校5校について、3月10~24日の臨時休校を決めたが、3日になって古口達也町長と沢村悦男教育長が連名で「休業取りやめ」の通知を保護者に配った。

次の

栃木県茂木町が臨時休校を取りやめ!人口や生徒数・ネットの反応は?

栃木 県 学校 休校

日光市立川俣中学校(2010年へ統合)• 芳賀町立稲毛田小学校(2000年芳賀東小へ統合)• 通知では「保育園・幼稚園が通常通り運営されている」「休校となった場合、子どもたちだけで過ごさなければならない状況が発生しうる」「通常授業が実施されれば、安全に配慮した形で昼食を提供できる」とし、「健康・安全を確保するうえでも学校で過ごすことが最適であると判断した」と説明。 大田原市立川西小学校〈旧〉(2013年統合により〈新〉へ)• 栃木では那須塩原市がいち早く5月末までの公立小中学校の休校を打ち出した。 旅行など 都道府県をまたいだ人の移動を避けるよう依頼 【対象】 (~5月31日)全都道府県 (~6月18日)5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)への移動は慎重に対応• 塩谷町立大宮中学校(同上) 那須郡 [ ]• 毎日新聞社• 会議後に記者会見した福田富一(ふくだとみかず)知事は、県内4市町が出した独自の非常事態宣言などに触れ、「県内に危機感が広がっていることを踏まえ、児童生徒の安全・安心に最大限配慮した」と述べた。 坂西町立葉鹿中学校(同上) 栃木市 [ ]• 南河内村立吉田中学校(1961年薬師寺中と統合し南河内中へ) 芳賀郡 [ ]•。 梁田村立梁田中学校(同上)• 那須町立大島小学校(2016年朝日小と統合しへ)• (登校日は、出席日数には入りません。 日光市、矢板市、さくら市、那須烏山市、塩谷町は13日から休校。 高根沢町立大谷小学校(1977年統合により〈新〉へ)• 栃木市立大宮中学校(1969年国府中と統合しへ)• 大田原市立須賀川中学校(同上)• 上三川町立明治小学校北分校(1977年)• 後、茂木町はマスクを各家庭に配布したらしい。

次の

栃木)学校再開に向けて段階的に分散登校 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

栃木 県 学校 休校

市町立学校に対しても、県総合教育センターのHP内に家庭学習で活用できる教材のリンク集を開設するなどし、学びの保障を支援する。 烏山町立大木須小学校(1990年小木須小と統合し東小へ)• これにより、5月以降に開催予定の学校説明会を中止します。 那須町立芦野中学校(1976年伊王野中と統合し東陽中へ)• 筑波村立久野中学校(同上)• 茂木町立山内小学校(2003年中川小へ統合)• 那須塩原市立戸田小学校(同上)• 那須塩原市立塩原小学校〈初代〉(2005年上塩原小と統合し塩原小〈2代目〉へ)• 藤田祐子 2015年4月1日. 栃木市立小野寺南小学校(2020年小野寺北小と統合しへ)• 高橋臣一(たかはししんいち)市教育長は「宇都宮市で新型コロナ感染者が出た状況などを鑑みて判断した」と説明する。 足尾町立原小学校(1996年足尾小へ統合)• 真岡市立山前南小学校(2018年へ統合)• 市貝町立小貝中央小学校(2013年小貝南小と統合し小貝小へ)• 那須町立田中小学校(2014年黒田原小〈旧〉と統合し黒田原小〈新〉へ)• 高根沢町は夏休みを8月1~16日に短縮。 真岡市立山前小学校東大島分校(1981年南高岡分校と統合し山前南小へ)• 矢板市立新高原中学校(1975年へ統合) 那須塩原市 [ ]• 那須町立高久中学校(2015年那須中〈旧〉と統合し那須中〈新〉へ)• その場合、夏休みは8月1日から16日にする。 栃木県知事の福田富一氏は本日(2020年4月17日)、昨日、国が発令したされた全国を対象とする緊急事態宣言()を受け、新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第15回)において栃木県独自の「緊急事態措置」を決定したと発表しました。 塩谷町立船生中学校(同上)• 市貝町立上根小学校(1983年市塙小と統合し市貝小へ)• 内容については、国の緊急事態宣言を受けた内容()と大差ありません(新型インフルエンザ対策措置法41条第一項に基づく)。

次の

栃木県立校、31日まで休校延長 夏休み短縮へ 小中も19市町に拡大|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

栃木 県 学校 休校

足利市立千歳小学校(2000年東小の一部と統合し桜小へ)• 那須烏山市は11~13日の3日間、登校日を設けた。 間々田町立寒川中学校(1958年間々田中寒川分校となり、1960年8月1日完全統合) 大田原市 [ ]• 足利市立助戸小学校(2000年相生小の一部と統合しへ)• 6月1日に再開する那珂川町は夏休みを8月1日から16日までにすることを決めた。 上三川町立本郷小学校南分校(1977年)• 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北関東3県の市町村が相次ぎ公立小中学校の休校を延長する。 分散登校などを段階的に実施し、感染拡大防止に配慮しながら慎重に全面再開の準備を進めていく。 栃木師範学校女子部附属中学校(1949年男子部附属中と統合し宇都宮大栃木師範学校附属中へ)• 新たな感染者の発生などがなければ、6月1日から学校を再開する。 茂木町立馬門小学校(1966年へ統合)• 葛生町立常盤中学校〈旧〉(1971年氷室中と統合し〈当時:葛生町立〉へ)• 栗山村立栗山小学校若間分校• 栃木市も18日から月末まで分散登校させることを決めた。

次の

栃木県小学校の廃校一覧

栃木 県 学校 休校

政府の緊急事態宣言を受け、県が9~22日に県立学校を休校としたことや県内での感染拡大を踏まえ、方針を変更した。 烏山町立白久小学校• 7 入学者の決定 募集定員を超える応募があった場合には、追加応募者の中から抽選により 決定します。 南那須町立森田小学校(同上)• 令和2年1月18日(土)の申込みは定員に達したため締め切りました。 那須町立寄居小学校(1978年芦野小へ統合)• 2日には、県立高校の卒業式が全日制59校・定時制7校で予定されている。 茂木町立深沢小学校(同上)• 6月4日• — nemuii 808beeboon 栃木県茂木町が休校取りやめ。

次の

栃木県 緊急時暫定版トップページ

栃木 県 学校 休校

栗山村立日向小学校(2005年栗山小〈旧〉と統合し栗山小〈新〉へ)• 藤原町立三依小学校五十里分校(1961年〈当時:藤原町立〉へ統合)• 那須塩原市立塩原小学校〈2代目〉(2017年と統合しへ)• 氷室村立秋山中学校(1952年水木中と統合し氷室中へ)• 市貝町立市貝中央小学校刈生田分校(1972年)• 益子町立山本小学校(2007年へ統合)• 「新しい生活様式」「人との接触を8割減らす、10のポイント」の実践など、感染拡大防止のための取組を依頼• 藤原町立藤原中学校川治分校(1956年)• 南河内町立薬師寺小学校仁良川分校(1964年) 郡部 [ ] 河内郡 [ ]• 2 応募方法 入学願書に必要事項を記入し次のとおり提出してください。 馬頭町立久那瀬小学校(1967年馬頭小へ統合)• 感染拡大か、収束かを見極めながら判断する。 塩谷町立熊ノ木小学校(1999年へ統合)• 学童保育は共働きなどの家庭のため、春休み中と同様に開所する動きが目立つ。 葛生町立秋山小学校(1980年水木小と統合し氷室小へ)• 南那須町立曲畑小学校(同上)• 坂西町立小俣中学校(1962年坂西中新設のため廃校)• 県内で感染が再び広がり独自基準の「感染拡大注意」となった場合は分散登校に移行、警戒度が最も高い「特定警戒」では休校か分散登校とする。 学習・生活状況確認を目的として、分散や時差での登校日も設定する。 さくら市立穂積小学校(同上)• まず優先して取り組むのが児童生徒の生活や学習状況を把握する個別面談。

次の