アントン パール。 小型液体密度センサー L

高速比表面積・細孔分布測定装置『NOVA touch』 アントンパール・ジャパン

アントン パール

表面機械特性試験機• クリップする• USP 912 - 回転式レオメータ法. AASHTO TP123 BYET• 図5 DLC膜付きハイスピード鋼材切削工具のスクラッチ試験結果の例(クリックで拡大図) >スクラッチ試験用測定条件の最適化 コーティング・基板システムを完全に理解するためにはスクラッチ試験の条件を正確に決定することが必要である。 2液の配合比によって密度が変化するため、密度計を濃度計として使用可能です。 (2)最高水準の精度 JIS規定の各測定法の中でも精度が最も高く,また人為的誤差もほとんどない。 3つ目と最後の臨界荷重(Lc3)は基板からコーティングが継続的に完全に剥離する初めの荷重になる。 ASTM D4473• ASTM D5279• ASTM D1824• 6章にしたがって定義されたコンタクト深さ時のインデンター圧子のエリアファンクションの値。

次の

レーザー回折式粒子径分布測定装置|株式会社アイシンナノテクノロジーズ

アントン パール

図4 荷重・押し込み深さインデンテーションカーブの一例 >弾性率,E IT 弾性率E ITはアンロードカーブの最初の部分から計算される。 DIN 54458• スクラッチ試験はごくわずかのプロセス変化によってバッチ間の品質を区別できる十分な感度を持つ測定方法である。 特定の破損が発生した時の垂直荷重を臨界荷重Lc1,Lc2,Lc3,などとして記録する。 IOCCC 2000 chocolate• 住所 国名 を選択してください。 この負荷荷重でインデンター圧子は深さ方向に6. PSA 1090は2つのレーザーで40nmという小さな粒子を測定できます。 00005 0. 物体の体積は温度によって変化するため,密度もまた温度に対して敏感な物性値であり,その測定に際しては測定温度の厳密なコントロールが必須となる。

次の

アントンパール・ジャパン

アントン パール

0001 0. プラグ&プレイ。 負荷荷重はすでに決められたスクラッチ距離の中に一定荷重や連続的に増加される荷重もしくはステップ的に制御しながら増加される。 。 ・Brix計として シロップや製糖工程から、ダイエット系飲料まで幅広く1台で測定可能。 このようなナノインデンテーション,スクラッチ試験およびピンオンディスク式トライボロジー試験などの新しい表面評価技術を用いて,現代のコーティングメーカーは,切削工具のパフォーマンスに関する有利な情報をもたらす重要な機械的特性データを取得できる。

次の

レーザー回折式粒子径分布測定装置|株式会社アイシンナノテクノロジーズ

アントン パール

会社名をご入力ください。 アントンパール社はお客様のご要望に沿ったサービスプログラムを用意しています。 ASTM D4016• Stabinger教授によって見いだされた。 荷重のロード中にもアンロード中にもこの2つのパラメータが継続的に記録されインデンテーションカーブを作成する。 1992年にOliver氏とPharr氏によって開発されたモデルが一般的に使用されている。 表面破壊や材料の損失の結果による摩耗• 1986年、フリードリヒは、義理の父ウルリッヒ・ザントナーのいるアントンパール社の経営陣に加わり、2002年以降はCEOを務めました。

次の

ナノインデンテーション,スクラッチおよびトライボロジー試験

アントン パール

図2 表面の機械的特性評価の最適化フローチャート図(クリックで拡大図) 3. 基準偏差• 硬質膜の成膜プロセス中に,色々なパラメータが最後の結果に影響する。 DIN 53019-4• 写真1 【フィリングチェック機能】 充填の失敗やサンプル内の気泡といった問題を自動的に検出して警告を発し,記録する機能である。 DIN 1342 1-3• アントンパール社の強力な研究開発部門と外部の研究機関とのパートナーシップは今後も,これらのアイデアを先端技術を備えた最新機器へと進化させていくでしょう。 図2 4. 分散モードを切り替える際に、ハードウェアを交換したり、高感度光学系の再検証や再調整を行う必要はありません。 計測した密度・温度から濃度値を換算することも可能です。 膜厚測定機• その後,スクラッチ試験を行い,印加された荷重および圧子形状の関数として膜の密着性を測る。

次の

世界をリードするアントンパールの密度・濃度測定

アントン パール

知識豊富なエンジニアのサポートによって機器はスムーズに測定を続けることができます。 【ユービュー機能】 サンプルセルをCCDカメラで常時撮影し,サンプルの充填プロセスを画面上で監視することができ,充填後のサンプルセルの画像を保存することもできる。 お気軽にお問い合わせください。 最初の臨界荷重(LC1)は荷重9. また,トライボロジー試験による切削工具の寿命,摩擦係数および摩耗量を得られる。 DIN 53019-1• SVM動粘度計• 予期しない誤作動が発生しても,現場で時間通りに使用するため早期に復旧させることが重要です。 名(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 アクセサリをいくつも扱ったり、手作業で調整する必要がありません。

次の