スピロノラクトン 25mg。 アルダクトンA錠25mgの効果・用法・副作用

スピロノラクトン錠25mg「NP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

スピロノラクトン 25mg

(小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない、乳児については「慎重投与6.」の項参照)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 5.本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。 6).消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、口渇、下痢、便秘。 8).リチウム製剤(炭酸リチウム)[利尿剤又はACE阻害剤との併用により、リチウム中毒を起こすことが報告されているので、血中リチウム濃度に注意する(ナトリウムイオン不足はリチウムイオンの貯留を促進するといわれているため、ナトリウム排泄を促進することにより起こると考えられる)]。 の診断• 5錠という処方の場合、 自家製剤加算は取れるのか。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等):高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等の電解質異常が現れることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う。

次の

スピロノラクトン錠25mg「日医工」の効果・用法・副作用

スピロノラクトン 25mg

(慎重投与) 1.心疾患のある高齢者、重篤な冠硬化症又は重篤な脳動脈硬化症のある患者[急激な利尿が現れた場合、急速な血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発する恐れがある]。 2).ミトタン<オペプリム>[ミトタンの作用を阻害する(ミトタンの薬効を本剤が阻害するとの報告がある)]。 高カリウム血症• (慎重投与) 1.心疾患のある高齢者、重篤な冠硬化症又は重篤な脳動脈硬化症のある患者[急激な利尿が現れた場合、急速な血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発する恐れがある]。 スピロノラクトン錠には12.。 心性浮腫• 高齢者 65歳〜 スピロノラクトン錠25mg「CH」の注意が必要な飲み合わせ. これらの薬剤と本剤の相加・相乗作用。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等):高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等の電解質異常が現れることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う。

次の

スピロノラクトン錠25mg「NP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

スピロノラクトン 25mg

4.高齢者では腎機能又は肝機能が低下していることが多いため、高カリウム血症が現れやすい。 エプレレノン投与中• 急性腎不全• 特発性浮腫 急性心不全 慢性心不全 心不全 高血圧症 スピロノラクトン錠25mg「CH」の主な効果と作用• 2.処置:過量投与時には、本剤の投与を中止し、食事を含むカリウムの摂取を制限する。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等):高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等の電解質異常が現れることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う。 腎臓に働いて尿の量を増やし、余分な水分やナトリウムを排泄する働きがあります。 薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。

次の

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」

スピロノラクトン 25mg

2.その他の副作用(頻度不明) 1).内分泌:女性型乳房[減量又は中止によって通常減退ないしは消失するが、まれに持続する例もみられる]、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順、無月経、閉経後出血、音声低音化、乳房腫瘤、乳房痛。 (その他の注意) 1.夜間の休息が特に必要な患者には、夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましい。 止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間の授乳を避けてください。 3).精神神経系:眩暈、頭痛、四肢しびれ感、神経過敏、うつ状態、不安感、精神錯乱、運動失調、傾眠。 この薬を飲むと、どうして血圧が下げられるんだろう?? スピロノラクトンを服用することでどのようにして、血圧が下げられるか簡単に解説していきます。

次の

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

スピロノラクトン 25mg

5).腎臓:BUN上昇。 高カリウム血症を誘発しやすい薬剤を併用 患者の属性に応じた注意喚起• 4.高齢者。 クロロホルムに溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、メタノールに溶けにくく、水にほとんど溶けない。 以下にあてはまる方は、• 以下にあてはまる方は、• 6.乳児[乳児は電解質バランスがくずれやすい]。 3).ノルアドレナリン[ノルアドレナリンの血管反応性を低下させるとの報告がある(本剤が心血管反応性を低下させる機序は完全には解明されていない<危険因子>麻酔施行患者)]。 悪性腫瘍の 腹水• カリウムを含むもの<昆布、わかめ、海苔、ひじき、インスタントコーヒー など>. 2).過敏症:発疹、蕁麻疹、そう痒[投与を中止する]。 (相互作用) 1.併用禁忌: 1).タクロリムス<プログラフ>、エプレレノン<セララ>[高カリウム血症が発現することがある(相加・相乗作用により血清カリウム値が上昇する)]。

次の

スピロノラクトン錠25mg「CH」

スピロノラクトン 25mg

心疾患のある高齢者 65歳〜• 4.タクロリムス投与中、エプレレノン投与中又はミトタン投与中の患者。 むくみをとるお薬です。 2.授乳婦:ヒト母乳中へ移行することがあるので、授乳中の女性への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる。 2).急性腎不全:急性腎不全(電解質異常を伴うことがある)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 本剤により高カリウム性アシドーシスが惹起され、乳酸ナトリウムのアルカリ化作用と拮抗する可能性がある。

次の