日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社。 日本コンピュータビジョンの設立について

日本コンピュータビジョン株式会社と株式会社クマヒラが業務提携(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

ソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営する会社である。 Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. 4847 ソフト開発会社で、カード決済システムでトップの会社。 なお、今回の導入では、体温測定のみを行い、顔認証による入館管理は行いません。 ソフトバンク株式会社の子会社であるAI画像認識ソリューションを展開する日本コンピュータビジョン株式会社(以下、JCV)は、マスクを着用したままでも顔認証および体温測定可能な「顔認証・体温測定ソリューション」を提供している。 5ルクス。 体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用してください。 ) 代表取締役社長:Andrew Schwabecher(アンドリュー シュワベッカー) 所在地:東京都千代田区麹町2-5-1 WeWork 半蔵門PREX South 6F 設立年月:2019年5月 主な事業内容:画像認識技術をベースとした製品の開発及び提供。

次の

日本コンピュータビジョンの設立について

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

) 代表取締役社長: 渡邉 秀隆 所在地:東京都中央区日本橋本町1-10-3 創業:1898年1月 明治31年 1898年(明治31年)に人々の財産を火災や盗難から守る金庫の販売会社として創業。 なお、今回の導入では、お客さまの個人情報や画像データは一切取得しません。 こうした状況のなか、アーティストの健康リスクを危惧するプロダクションから収録延期の依頼が相次ぎ、3月にはスタジオの稼働率が大幅に低下してしまいます。 新型コロナウイルスの感染症拡大を受け、清掃・除菌・換気といった予防対策を講じてきました。 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. )は、ソフトバンク株式会社の子会社で、AI技術を活用し、スマートビルディング分野やスマートリテール分野に対し最先端の顔認証ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。 URL:. なりすまし防止やハンズフリーでの認証を可能にする顔認証システムとコラボレーションすることで、より安全・より快適にセキュリティ製品をお使いいただくことが可能となります。 提供を予定しているソリューション• 傘下にヤフーが、持分会社に中国のアリババがある。

次の

日本コンピュータビジョン株式会社

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

画像認識ソリューションの提供を通して、店舗や商業施設の空間デザインの最適化や、受付や案内の効率化、決済の利便性の向上、オフィス環境の向上などを実現し、新たなライフスタイルやワークスタイルを創出していきます。 JCVは、本取り組みで得たノウハウを元に、新型コロナウィルスやインフルエンザなどの感染症の予防や施設の運営管理に貢献すべく、オフィスやイベント会場、空港、学校などへの導入拡大を図っていきます。 本合意により、株式会社クマヒラは、6月22日より、国内向けにJCV社顔認証システムの販売と、保守サービスを行います。 マスクを着用したままでも、温度測定を高精度かつ即時に行う「SenseThunder」( )は導入後も期待通りの効果を上げていると高い評価を得ており、スタジオの稼働率回復を担う営業ツールとしての付加価値にも期待が寄せられています。 5メートル離れた距離でも、0. また、競合製品と比べコスト、使いやすさ、導入スピードといった総合的な優位性が採用の決め手となっています。

次の

日本コンピュータビジョン株式会社と株式会社クマヒラが業務提携|日本コンピュータビジョン株式会社のプレスリリース

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

ソフトバンクの関連会社として、ファンドの恩恵を受けられると考えられることから、ファンド設立のニュースを受けて株価が上昇した銘柄である。 今回の提携により、従来のICカードなどを認証装置にかざす入退室制御に加え、顔認証によるハンズフリーの入退室制御が可能となり利便性が向上します。 ソリューションの設計および構築は、日本の各種法令やガイドラインに準拠し、日本コンピュータビジョンが行います。 もともとは日本テレビ系列のスタジオ部門としてスタートしており、これまでテレビ番組や日本映画で使われる数多くの音楽の制作に貢献してきました。 また「入退室管理」「鍵管理」「セキュリティキャビネット」などの多彩な物理セキュリティ機器も提供しており、それらを一つのソフトウェアで一元的に管理できるのが最大の特徴です。 このことで、ファンドの投資対象になる可能性があるとして、注目を集めている。

次の

日本コンピュータビジョン株式会社

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

学術研究をルーツに、AI技術のさらなる理解と進化のために基礎研究に投資しています。 ) 代表取締役社長:Andrew Schwabecher(アンドリュー シュワベッカー) 所在地:東京都千代田区麹町2-5-1 WeWork 半蔵門PREX South 6F 設立年月:2019年5月 主な事業内容:画像認識技術をベースとした製品の開発及び提供。 スタジオ内も実際は細かく部屋が分かれていますが、3密になり得る場所としてのイメージを払拭しきることが出来ませんでした。 また「入退室管理」「鍵管理」「セキュリティキャビネット」などの多彩な物理セキュリティ機器も提供しており、それらを一つのソフトウェアで一元的に管理できるのが最大の特徴です。 銘柄 コード 銘柄名 (クリックで最新株価) 事業内容 9984 日米で携帯事業やインターネット事業を展開している会社。 2158 AIを活用した電子データ収集やコンピュータ解析事業を提供している会社。 優れたメンバーからなるグローバルチームであり、半分以上のメンバーは専属的に研究と開発の業務に就いています。

次の

日本コンピュータビジョン、サウンドインスタジオのレコーディングスタジオにAI温度検知システムを導入 :日本経済新聞

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

5メートル離れた距離でも、0. 日本コンピュータビジョンは、こうした画像認識技術を活用し、さまざまなビジネス向けソリューションを提供します。 2017年にはAI技術を活用した言語処理システム『 OpAI(オーピーエーアイ)』を損害保険会社向けに開発した。 com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. こうした状況のなか、アーティストの健康リスクを危惧するプロダクションから収録延期の依頼が相次ぎ、3月にはスタジオの稼働率が大幅に低下してしまいます。 日本コンピュータビジョンは、こうした画像認識技術を活用し、さまざまなビジネス向けソリューションを提供します。 日本コンピュータビジョンの設立について 2019年7月17日 ソフトバンク株式会社 日本コンピュータビジョン株式会社 ソフトバンク株式会社は、画像認識ソリューションの開発および提供を行う100%子会社「日本コンピュータビジョン株式会社」(以下「日本コンピュータビジョン」)を設立しましたので、お知らせします。 All Rights Reserved. 6088 戦略立案から業務改善、システム導入まで一貫サポートするコンサルティング会社。

次の

AI顔認識技術を活用した体温測定システムを総務省に導入|日本コンピュータビジョン株式会社のプレスリリース

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

適正化されたアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも検温およびマスクの有無が検知可能な他、既存のセキュリティゲートへの装着やスタンドへ設置することができる。 新しい音楽が生まれない状況の長期化を危惧したサウンドインスタジオでは、制作が再開されるまでにお客様がより安心して利用できる環境を整備することが急務となっていました。 SenseTime社は中国、日本、シンガポールに拠点を設立、ビジネスを展開しています。 JCVは、本取り組みで得たノウハウを元に、感染症の予防や施設運営管理に貢献すべく、様々な産業分野へ導入拡大を図っていきます。 ) 代表取締役社長: 渡邉 秀隆 所在地:東京都中央区日本橋本町1-10-3 創業:1898年1月 明治31年 1898年(明治31年)に人々の財産を火災や盗難から守る金庫の販売会社として創業。 1970年代にはセキュリティシステムの開発・販売を開始し、現在は「セキュリティゲート」のほか「入退室管理」「鍵管理」「セキュリティキャビネット」「録画監視」など物理セキュリティの分野で豊富なソリューションを提供しています。

次の

AI顔認識技術を活用した体温測定システムを総務省に導入|日本コンピュータビジョン株式会社のプレスリリース

日本 コンピュータ ビジョン 株式 会社

スマートリテール分野: 来店客が購入を検討した商品などの情報の認識や記録を行い、店内行動に基づきお薦め商品や割引情報を来店客のスマートフォンを通じてお知らせするなど、新しい買い物体験を提供するソリューション 技術パートナーである香港のSenseTime Group Limited(センスタイムグループ、CEO:シュー・リー)の協力の下、先進的な画像認識技術を活用したソリューションを開発します。 近年では「金属探知器」や「液体爆発物検査装置」といったテロ対策の分野まで幅を広げ、時代とともに移り変わるニーズに即応しながら進化を続けています。 また、競合製品と比べコスト、使いやすさ、導入スピードといった総合的な優位性が採用の決め手となっています。 スマートビルディング分野: オフィスビルなどの建物のゲートやドアにおいて、顔認証による入退室管理ができるソリューション• 総額は日本円で 約10兆円と言われており、IoTや人工知能、ロボティクスなどといった最新技術に投資することで、IT業界の成長スピードを速める狙いがあります。 クマヒラ社が提供する「セキュリティゲート」は個人の認証を行うことで重要エリアなどへの通行を許可するゲートで、オフィスビルや空港、アミューズメント施設など様々な場所で活用されています。 月明り程度 や、マスク、メガネなどの着用時の本人認証も可能であり、セキュリティ性を高めます。 当初検討したガンタイプの非接触型体温計はあまりに誤検知が多く、検温を担当する従業員の配置が必要になることも課題でした。

次の