福井 村田 製作所 コロナ。 村田製作所、新型コロナ感染で福井の工場を3日間停止

新型コロナ:村田製作所、福井の工場を3日間停止 新型コロナ感染 :日本経済新聞

福井 村田 製作所 コロナ

感染した従業員は非生産部門の所属だが、同社は従業員の健康/安全面への配慮から、同5〜7日まで同拠点の操業を停止、全従業員約5500人を自宅待機とした。 。 また、感染した従業員の行動履歴を確認したところ、保健所から提示された基準に基づく濃厚接触者はいなかったが、発症前からの行動記録をベースに感染者との接触が確認できた従業員約250人については14日間の自宅待機とし、健康状態の経過確認を実施する。 今後、速やかに当該従業員および接触した従業員が勤務していた建物および利用していた関連施設の消毒などを行います。 4月3日に発熱し、PCR検査を行った結果、4月4日に新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。

次の

当社グループ会社における新型コロナウイルス感染者の発生について

福井 村田 製作所 コロナ

同社によると、新型コロナウイルスに感染したのは、福井村田製作所武生事業所に勤務する生産技術開発担当の従業員1人。 PCR検査を行った結果、同月4日に新型コロナウイルスの感染を確認したという。 同月2日に福井県内で確認された感染者の濃厚接触者として、同日午後から自宅待機していたが、同月3日に発熱。 村田製作所が、フィンランドの子会社で建設を進めてきた新生産棟が完成した。 当社およびグループ会社は、今後も地域住民の皆さま、お客さま、お取引先さま、および全従業員の健康と安全を最優先に考え、政府の方針や行動計画に基づき、引き続き感染予防・感染拡大防止に取り組んでいきます。 当該従業員について 4月2日に福井県内で感染が確認された方(4月3日に福井県より公表済)の濃厚接触者として、当該従業員は4月2日午後より自宅待機していました。 「場合によってはサプライチェーンそれなりに大きな影響が出ることが考えられる」と危機感を示した。

次の

新型コロナ:村田製作所、福井の工場を3日間停止 新型コロナ感染 :日本経済新聞

福井 村田 製作所 コロナ

保健所が示した基準に基づく濃厚接触者はいなかったが、発症前の記録などをもとに感染した従業員との接触が確認された約250人の従業員を、念のため2週間の自宅待機とする。 同社の主力製品で、スマホなどあらゆる電子機器に使われるMLCCの国内主要生産拠点の一つ。 村田恒夫氏は、引き続き会長を務める。 村田製作所は2020年2月10日、同社の中国の各拠点について、新型コロナウイルス感染症の影響による操業状況を発表した。 当該拠点における現時点での対応状況 当該従業員はスタッフ部門(非生産部門)に所属しており、勤務するフロアの全従業員が4月3日から自宅待機しています。 3日に発熱し、4日に感染が確認された。

次の

新型コロナ:村田製作所、福井の工場を3日間停止 新型コロナ感染 :日本経済新聞

福井 村田 製作所 コロナ

従業員の健康・安全面への配慮から、4月5日から4月7日まで当該拠点の操業を停止し、全従業員を自宅待機とする措置を取ります。 同社は「今後も地域や顧客、従業員の健康を最優先に感染拡大防止に取り組む」としている。 感染した従業員は自家用車で通勤していたため、公共交通機関の利用はないという。 関連記事• 同社は、「今後、速やかに当該従業員や接触した従業員が勤務していた建物および、利用していた関連施設の消毒などを行う」としている。 村田製作所は2020年2月3日、東京都内で2020年3月期(2019年度)第3四半期の決算説明会を行った。

次の

村田製作所、新型コロナ感染で福井の工場を3日間停止

福井 村田 製作所 コロナ

この従業員は技術開発の担当で、生産工程には関わっていなかった。 この度は、地域住民の皆さまをはじめ、多くの方にご心配をおかけすることになり、心よりお詫び申し上げます。 株式会社村田製作所(以下、「当社」)は、4月4日に当社グループ会社である株式会社福井村田製作所武生事業所(以下、「当該拠点」)で勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。 村田製作所によると、感染した従業員は2日に福井県内で感染が確認された別の患者の濃厚接触者として同日午後から自宅待機していた。 村田製作所は2020年3月13日、会長兼社長を務める村田恒夫氏が同年6月下旬に社長を退任し、現専務執行役員 モジュール事業本部長の中島規巨氏が新社長に昇格すると発表した。 この拠点では主にMLCC(積層セラミックコンデンサー)を生産しているが、同社は「在庫は十分あり、顧客の納期への影響はない」としている。

次の

村田製作所、新型コロナ感染で福井の工場を3日間停止

福井 村田 製作所 コロナ

説明会の中で、同社取締役上席執行役員企画管理本部経理・財務・企画グループ統括部長、南出雅範氏は、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスについて言及。 村田製作所は2020年2月13日、完全子会社である東京電波(本社:盛岡市)の社名を2020年4月1日付で岩手村田製作所に変更すると発表した。 【関連記事】 ・ ・ 感染者が確認されたのは子会社の福井村田製作所(福井県越前市)の工場。 自動車や産業機器、ヘルスケア機器などに向けたMEMSセンサーの需要増に対応するため、生産体制を強化した。 村田製作所は、3D触力覚技術を活用したハプティクスソリューション技術を提供するミライセンスを買収し、完全子会社とする。 同社は、同月5〜7日の期間、同拠点の操業を停止し、従業員約5500人を自宅待機にする。 なお、当該従業員の行動履歴を確認したところ、保健所から提示された基準に基づく濃厚接触者はいませんでしたが、発症前からの行動記録をベースに感染者との接触が確認できた従業員については、14日間の自宅待機とし、健康状態の経過確認を実施します。

次の