セファランチン 添付 文書。 セファランチン錠1mg の添付文書情報

セファランチン注10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファランチン 添付 文書

なお、25歳以上の患者における自殺念慮や自殺企図の発現のリスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少した。 4).循環器:(頻度不明)動悸、起立性低血圧、血圧低下、血圧上昇、頻脈。 セファランチンは、その後1934年に近藤平三郎博士 当時東京帝国大学教授 らによって、玉咲ツヅラフジから抽出分離され、 1935年には長谷川秀治博士 当時東京帝国大学教授 らによって、結核菌の発育を阻止することから結核に有効であるとの報告が発表された。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.授乳中の婦人には投与を避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行することが報告されている]。 ・慢性痛の患者に抗うつ薬を処方することが多いですが、ジェイゾロフトは太りにくいので、特に女性で中断することが少なく、使いやすいです。 授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で乳汁中に移行することが報告されている]。

次の

セファランチン注10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファランチン 添付 文書

高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど慎重に投与する。 2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で乳汁中に移行することが報告されている]。 (20歳代病院勤務医、精神科)• 1.併用禁忌: 1).MAO阻害剤<メチルチオニニウム塩化物水和物・リネゾリド以外>(セレギリン塩酸塩<エフピー>、ラサギリンメシル酸塩<アジレクト>)[発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡等の症状が現れることがあるので、MAO阻害剤の投与を受けた患者に本剤を投与する場合、また本剤投与後にMAO阻害剤を投与する場合には、14日間以上の間隔をおく(セロトニンの分解が阻害され、脳内セロトニン濃度が高まると考えられる)]。 1.重大な副作用(頻度不明) ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーをおこすことがあるので、観察を十分に行い、顔面潮紅、蕁麻疹、胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーをおこすことがあるので、観察を十分に行い、顔面潮紅、蕁麻疹、胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

次の

医療用医薬品 添付文書等情報検索

セファランチン 添付 文書

<注>:重症化が予想される場合には、まむし抗毒素血清を使用することが望ましい。 なお、年齢、症状により適宜増減する• 3.滲出性中耳カタル:タマサキツヅラフジ抽出アルカロイドとして1回2〜5mgを1日1回静脈内に注射するか又は皮下に注射する。 患者向医薬品ガイド/ワクチン接種を受ける人へのガイド• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2).リネゾリド[セロトニン症候群の症状(錯乱、協調運動障害、血圧上昇等)が現れることがあり、このような症状が現れた場合には、本剤と併用薬の両方あるいはいずれか一方の投与を中止するなど適切な処置を行う(リネゾリドは非選択的、可逆的MAO阻害作用を有する)]。 2)消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。

次の

セファランチン錠1mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファランチン 添付 文書

3)、妊娠早期及び後期の投与では3. ・抗うつ作用、嘔気・眠気などの副作用がいずれもマイルドで、初めて処方する抗うつ薬としては使いやすく患者に受け入れられやすい。 48 9. 4).肝機能障害:肝不全、肝炎、黄疸が現れることがあるので、必要に応じて肝機能検査を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 1.抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮する。 効能自体については他のSSRIと大きな差はない。 その他:頭痛、そう痒感、眩暈[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 6.投与中止(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性眩暈、錯感覚、頭痛及び悪心等が現れることが報告されているので、投与を中止する場合には、突然の中止を避ける(患者の状態を観察しながら徐々に減量する)。

次の

セルトラリン錠25mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファランチン 添付 文書

1)過敏症:発疹、皮疹、浮腫(顔面浮腫、手足浮腫)[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。 (50歳代病院勤務医、精神科)• 6.てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣発作を起こすことがある]。 27 6. 5時間でCmaxに達した後、一相性に減少した。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).セロトニン症候群:不安、焦燥、興奮、錯乱、発汗、下痢、発熱、高血圧、固縮、頻脈、ミオクロヌス、自律神経不安定等が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う。 (慎重投与) 薬物過敏症又はその既往歴のある患者。 2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で乳汁中に移行することが報告されている]。

次の

セファランチン末1%

セファランチン 添付 文書

妊婦・産婦・授乳婦等への投与• とにかくストラテジーの確立にはもってこいの薬剤である。 他剤よりもその利点が優れている。 まむし咬傷:タマサキツヅラフジ抽出アルカロイドとして1回1~10mgを1日1回静脈内に注射する。 インタビューフォーム• 2.海外で実施された6〜17歳の大うつ病性障害患者を対象としたプラセボ対照臨床試験において有効性が確認できなかったとの報告があるため、本剤を18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討する。 7).消化器系:(頻度不明)悪心・嘔吐、口内乾燥、下痢・軟便、便秘、腹部不快感、腹痛、腹部膨満、消化不良、食欲不振、胃腸障害、食欲亢進、膵炎。

次の

セファランチン錠1mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファランチン 添付 文書

4倍増加したとの報告があり、ピモジドはQT延長を引き起こすことがあるので本剤と併用しない(機序不明)]。 重篤副作用疾患別対応マニュアル• 1〜2. 2.主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。 (その他の注意) 1.海外で実施された大うつ病性障害等の精神疾患を有する患者を対象とした、塩酸セルトラリン製剤を含む複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の患者では、自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが抗うつ剤投与群でプラセボ群と比較して高かった。 Acrobat Readerはのサイトからダウンロードすることができます(無料)。 改訂指示反映履歴および根拠症例• 2.脱毛症:タマサキツヅラフジ抽出アルカロイドとして1回10mgを1週間に2回静脈内に注射するか又は皮下に注射する。 重要な基本的注意 本剤の注射剤において、ショックの報告があるので問診を十分に行う。

次の