アビーム コンサルティング。 【企業分析】アビームコンサルティング(ABeam consulting)とはどんな会社なのか?

アビームコンサルティングの魅力

アビーム コンサルティング

アビームコンサルティングのボーナス(賞与) アビームコンサルティングは年2回の賞与(ボーナス)が支給されます。 決算末日 売上高 純利益 2018年03月31日 609億8000万円 50億8700万円 2019年03月31日 717億8000万円 58億9400万円 参照:) アビームコンサルティングの業績は右肩上がりです。 不妊治療のための休暇• 残業を含めた月収で75万、ボーナスが約年2回で100万づつです。 社員全員にマネージャー以上のカウンセラーもつくので、目指す方向やキャリア開発を支援してもらえます。 両社ともコンサルティングファームとしては、人を育てる文化と言われています。 その思いを一緒に実現してくれる人。

次の

アビームコンサルティングの魅力

アビーム コンサルティング

新卒初任給も400万~とコンサルファームの中では非常に低い状態からスタートします。 アビームコンサルティングの親会社の業績は芳しくない アビームコンサルティングはNECの完全子会社となっているため、経営状態はNECの有価証券報告書を参照してみる他ありません。 アビームコンサルティングは現在、システム導入に限らず経営戦略の立案や業務改革の支援などのサービスを提供する。 Ltd. 様々な場面に対しての対応力・柔軟な発想力、論理的な思考が求められるため、冷静かつ幅広い視野がある人はアビームでキャリアを積むのも良い選択肢だと思います。 システム導入などに関わったエンジニアの方で、より上流から課題解決を目指したいという方にとっては、理想的なキャリアパスとなるでしょうか。 コンサルティング業界の最新情報 コンサルティングファーム パートナーインタビュー• 16 コンサルティング業界の新着求人 コンサルティング業界を詳しく知りたい方はこちら• 人と向き合わずシステムと向き合っている。 (アビームコンサルティング株式会社)の情報 事業内容 日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、日系企業のグローバル展開支援においては数多くの実績があり、アジア・欧州・北米・南米のそれぞれの拠点でパートナーとアライアンスを結んでいます。

次の

アビームコンサルティングにおける最近の取り組みと評判

アビーム コンサルティング

・「Up or Out」の雰囲気は全く無く、まったりした環境である。 医者の中堅クラスぐらいまではいけますよ。 一方で、どこのファームでもありますが、縦割りが強いです。 ・個人の目的意識が無いまま、システムやツールの導入自体が目的となっているプロジェクトが多々ある。 ・組織間の垣根が低く、フラットな文化である。 - 教授• ・ 求められる人柄とは どのファームにも言えることではありますが、成長すること・チャレンジすること・行動することができる人が求められています。 お客さんからは高級で有能なSIerだと思われている。

次の

アビームコンサルティングの年収を詳しく解説!20代~30代の平均は500万円~700万円!

アビーム コンサルティング

VS デロイトトーマツコンサルティング アビームコンサルティングとデロイトトーマツコンサルティングは元々は「等松・トウシュロスコンサルティング」というファームで同じルーツです。 - 取締役COO• - 教授• 社内制度:社内制度で優れている点は、海外オフィス勤務制度です。 : 北南米• 3月 - の人事管理システム構築事業を買収• 会社の特徴 組織体制について インダストリーとサービスを軸にしたマトリクス組織になっているようです。 基本のベース給は低水準ですが、残業代や働き方を考えるとコスパが良いファームと言えるでしょう。 国によって変わる法制度や習慣やビジネス形態も踏まえ、それぞれの国でのベストプラクティスを立ち上げ多様化するクライアントのビジネス要件に適応したコンサルティングサービスをスムーズに提供しているようです。 そして、主な違いとしては、次のような点が挙げられます。 日本の平均生涯賃金が23,359万円なので、平均生涯賃金からの増減は 28,367万円です。

次の

アビームコンサルティングの年収や激務度・転職分析【IT出身者が活躍】

アビーム コンサルティング

どんなに長くても80h/月以上の残業は禁止 また、「45h/月の残業を当月超過しそうなメンバーリストを上長が確認し、 上記に該当するメンバーは労働時間をコントロールするようにしている」との回答をいただきました。 家賃手当などはありませんが、外資系ファームと比較して長く働き続けられる福利厚生は1つのメリットとなっています。 中でも欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)導入をはじめとした基幹系システムの導入支援や、アジア地域のサービス提供に強みを持つ。 <質問内容> (1)大学時代にあなたが自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。 1月 - 監査法人トーマツとの資本関係を解消し、ブラクストン株式会社に社名を変更• と戦略的資本提携• 求める人物像は、「一人ひとりがプロフェッショナルであり、チームを組んで互いに高め合いながら、より大きな成果を上げるという強い意志を持った人。 アビームコンサルティングならではアプローチ アビームコンサルティングのコンサルティングアプローチは以下の通りです。 <鴨居 達哉(かもい たつや)氏略歴> 1961年長野県生まれ。

次の

アビームコンサルティング

アビーム コンサルティング

【結論】アビームコンサルティングに転職するなら、転職エージェントを活用しよう! アビームコンサルティングへの転職は、優秀な人材の応募が殺到する上に、高いスキルが求められるため難易度が非常に高いです。 IT戦略、ITガバナンスの立案、実行経験者• ある社員が内定者に座談会で 「アビームは一年間で社員の半数以上が海外で仕事をしている」と話しているほか、ニューヨークやシンガポールに中長期駐在した社員もおり、渡航先や期間も多様であるといえます。 好調な理由として、アビームの「顧客に寄り添う体制」が挙げられます。 やはり中途は総合系コンサル出身者が多いです。 充実した福利厚生が魅力的!子育て世代にとってもありがたい制度も。 営業、会計、IT部門運営などの業務プロセスにおける実務経験者 実績・経験を持つ経験者であれば、応募条件を満たせると言えます。 部署での勉強会も実施されており、「育成」という観点はしっかりとしている企業であると思います。

次の