レジストロ クコ。 【レジストロ クコ:MYSミスティック】 トラベルトレーラー:けん引免除不要の軽量トレーラー

レジストロクコ|ミスティック│キャンピングカー動画アルバムbyみるみるランド

レジストロ クコ

運転席後ろのスペースには大型の冷蔵庫も設置できるので、このスペースも有効活用できますね。 ギャレー大きめの方が良い人 レジストロのギャレーは軽トラックベースのキャンピングカーの中では大型だと思います。 ギャレーの側面に設置されているスイッチ類は電気系統のスイッチです。 Mini Pop Bee(ミニポップビー)を購入してからは、旅や生活スタイルがかなり変わり、日々楽しく生活しています。 さて、本題の12Vクーラーの制御です。 ただし、レジストロ・クコの価格帯になると輸入モデルと同じレンジになる。

次の

レジストロクコ|ミスティック│キャンピングカー動画アルバムbyみるみるランド

レジストロ クコ

この記事の写真で使わせて頂いた車両は マクレントジャパン株式会社のレジストロです。 そもそも世界における家庭用及び業務用冷房装置では、日本の家電メーカーの製品がなんと言っても使い易さの部分では先端。 また、普通車コンパクトカーに近い税金や維持費なので、検討しやすいキャンピングカーになっています。 更に80Wソーラーシステムとのセットも用意されている。 当社では30Aコンバーターを設置することが多いのですが、まあ、使えなくはないが定期的に充電専門の機器で充電してあげればなんとか使えますの程度。 総じて輸入モデルでは小型でもコンロ、シンク付きギャレーやトイレルームが装備された「居住型」なのに対し、上記の国産トレーラーはレジストロ・クコを¥除いて簡易的な装備になっている。

次の

ミスティックの小型キャンパー「レジストロ」が欲しい!

レジストロ クコ

3密にならぬよう細心の注意を払い、開催致したく思います。 レジストロは良くも悪くもベースが軽トラックですから、長距離ドライブの快適性では、確実にアウルに軍配が上がります。 関連する記事• FFヒーターは高価な装備になりますが、冬季に快適な旅をするには 必須といってよい装備だと思います。 2018年6月下旬にMYSミスティック社のMini Pop Bee(軽キャンピングカー)を購入しました。 お待たせしておりました「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー」ですが、附属装置の選定も終わり、いよいよ販売開始となります。 全高を低く抑えた直線的なルーフ形状、アルミサイディング外壁で構成された特徴的なシェルデザイン……。

次の

トラキャン、自走式で人気のMYSミスティック社から初のトレーラーがデビュー!|キャンピングカースタイル

レジストロ クコ

キッチンは調理スペースが広いです。 キャブコンの走りとしては、「普通」以上。 レジストロは乗車定員が5名なので、5名までなら法律的には問題ないでしょうが、長距離移動時のことなどを考えて『快適に』という場合は2人までが良いかと・・・ レジストロを使ったことが無いのでなんとも言えませんが、 キャビンのサイズやベース車両が軽トラックというところを考慮した人数です。 もちろん、就寝時の目隠しにも必要なカーテンです。 室内はレジストロと同様に山小屋風になっています。 5Lのゆとりで高速クルージングは非常に快適でした。

次の

【M.Y.Sミスティック】Registro Cuco(レジストロ クコ)

レジストロ クコ

けん引免許はもちろん不要です。 天井にはファンもあるので空気の入れ替えもできます。 シンクに蓋ができれば、シンクを使わない時は広々とカンターとして使うことができます。 実際にけん引してみた 今回の取材では、 マツダ・CX-8でレジストロ・クコをけん引してみた。 この装置にはソーラーパネルからの電気を最適に送り込むMPPT方式のコントローラーが内蔵され、的確な充電を行う事が可能となります。 コンパクトさと、抜群の機動性が、レジストロの最大の武器です。 トレーラーの運転に不安がある方は、試乗で操舵感を体感してほしい」と話し、イベント翌週に行なわれるアンコールフェアでの体験試乗を勧める。

次の

【JCCS2020】ミスティック、レジストロシリーズにトレーラーモデル「レジストロ・クコ」登場!

レジストロ クコ

ミニポップビーが少し後ろに配置しているので遠近感でサイズ感が掴みにくいですが、レジストロはベース車両よりもキャビンが外側にはみ出しています。 豊富なオプションで自分好みにカスタマイズ REGISTRO OWL(レジストロアウル)はオプションが豊富なのも特徴的。 これを読む方々も一番心配しているのは きっと怖いのは 、テキトウな充電して熱持って爆発するんじゃ無いか?衝撃受けて爆発するんじゃないか?ではないでしょうか。 ぜひ実物をご覧いただき、日本にあった大きさ、取り回しの良さをご確認ください。 上り坂でスピードが出ない!を許せる人• シンクのすぐ下には標準装備では収納スペースになっているが、オプションで49Lの冷蔵庫を設置することもできる。

次の

【レジストロ クコ:MYSミスティック】 トラベルトレーラー:けん引免除不要の軽量トレーラー

レジストロ クコ

キッチンは調理スペースが広いです。 通常キャンピングカーには、ディープサイクルBTを前提に単純充電器又はアメリカ式のコンバーターと呼ばれる充電を管理する装置がついています。 内容ですが… ・200Aリン酸鉄リチウムイオンバッテリー ・100V35A充電器+温度センサー ・12V走行充電装置+温度センサー ・120W程度ソーラーパネル MPPT制御 ・2Kw正弦波インバーター ・VOTRONICバッテリー残量計 解説 バッテリーは並列接続にて400Aへアップグレード可能です。 ダイネット キャビン右側のソファーと後方のソファーがL字型に配置されています。 ベッド ベッドはバンクベッドに大人2人が余裕で寝られる広さになっている。 インバーターは2000Wのものがオプション設定されている。

次の